会員登録ログインメンバー検索
トップページ > コスプレ関連ニュース > ニュース詳細   
コスプレ
【新春特別企画】「コンプレックス・エイジ」作者・佐久間結衣先生インタビュー
2015年1月2日(金) 20時29分配信
view 19151 

コンプレックス・エイジ第1巻(モーニングKC)。キャッチコピーは「楽しめ。血を流しながら。」
週刊モーニングで連載中のコスプレイヤー女子の現実を描いた漫画「コンプレックス・エイジ」。ネット上で拡散され話題となり、そのリアルすぎる描写に多くのコスプレイヤーから悲鳴が上がった。今回は、そんな話題作の生みの親である作者の佐久間結衣先生に、講談社・モーニング編集部協力の下、2015年の新春特別企画としてアーカイブニュース編集部が特別にお話を伺うことが出来た。「好き」を諦めきれないコスプレイヤー達の幸せや葛藤を描く、厳しくも愛のこもった作品の核心に迫る。

お聞きしたい事が山ほどある中、以下、質問形式でインタビューをさせていただきました。

「楽しめ、血を流しながら」「その趣味に賞味期限はあるか」など凄く刺激的なコピーが踊っておりますが、これはどのようにして作られているのでしょうか?
このコピーは担当編集さんが作っております。「楽しめ。血を流しながら」というコピーをはじめて見たときは、「一体なんのマンガなんだろう……。」と思いましたが、このマンガにしっくり来ているなあと思います。3巻でどんなコピーが踊るか楽しみです。

コンプレックス・エイジ第1巻(モーニングKC)。キャッチコピーは「楽しめ。血を流しながら。」


連載開始以降、読者からはさまざまな賛否の反応があったと思いますが、先生が印象に残っている感想などはありますか?
悲しいことに、10良いことを言われても1の悪口を引きずるタイプなので、悪いことの方が印象深いです(苦笑)。ただ、とあるイベントで一人のレイヤーさんが「レイヤー皆がこのマンガの味方です」と言ってくれたことが、死ぬほど嬉しかったです。(これからも時に優しく、時に厳しくお願いします!)

先生ご自身が作品の人気を実感した例はありますか?
「人気がある=いいこと」と直結しているマンガではないのは重々承知しているので、人気があったとしても、実感は……あまりしたくない、という複雑な心境です。

モーニングのカラーからは異質な作品だったと感じますが、不安などありましたか?
今も、これからも、ずっと不安でいっぱいです。でも、例えばこのマンガが載っているのが「モーニング」じゃなくても、その気持ちは変わらないかもしれません。というか、それがないとマンガは描けません。

「26歳、派遣社員、趣味=コスプレ」という印象的なキャッチコピーが躍る。


男性レイヤーが作中にまったく登場していませんが、その意図はあるのでしょうか?
「男性レイヤー」は、それだけで別の1本のマンガができてしまうのでは、という大きな魅力を秘めています。女性とは違う視点を持っていたりするので、それを考えるだけで、ワクワクします。その分、扱いを間違えてしまうと雑なキャラクターになってしまいそうな上に、話の軸がブレてしまいそうなので、今のところ登場させていません。

キャラクターの描写が非常にリアルですが、彼女たちに実在のモデルなどは居るのでしょうか?
モデルは、取材したレイヤーさん全員でしょうか。お一人お一人コスプレに対する考え方や楽しみ方が違っているので面白いです。その面白い要素をバラして、キャラクターに「お前はコレ」と振り分けて、色を与えていくイメージです。

作中では、イベント更衣室などの細かい描写がありましたが、イベント会場には足を運ばれましたか?また、感想はいかがでしたか?
色々と足を運ばせていただいてますが……例えば、友人とイベントに潜入取材したことがあります。あれだけの人数が一か所で一斉に着替えるところが見られるのは、他にはないんじゃないでしょうか。一心不乱に着替えてメイクをするレイヤーさんは、もはや職人です。

お金や睡眠時間を割いて励むコスプレという趣味と、漫画を描くという分野に共通点はありますか?
あると思います。同じ物づくりなので。あと、根底に「好き」がないと絶対にできない。大事なお金や時間を食い潰しても構わないと思わせる「何か」が、一人一人にあるんだと思います。

→引き続き、インタビューをご紹介!
 12→
関連記事
・【コラム】コンプレックス・エイジ完結す!〜そしてオタク漫画の今昔〜 2015-10-15 23:42
・【コラム】狂気再び。コンプレックス・エイジ4巻であの娘が帰ってくる 2015-6-7 16:03
・「コンプレックス・エイジ」第1話が無料公開中 2014-6-5 20:59
・好きと現実の狭間に直面するコスプレ女子を描いた「コンプレックス・エイジ」が連載開始 2014-5-22 23:00

(21件中110件)
 123→
並べ替え: コメント日時の 新しい順 | 古い順
遊姫
21: 遊姫
好きになると本当に拘る点は主人公と同じだから共感します。
また、コスプレについて勉強になります。
ただ、私が見た限りでは、男装中心のレイヤーさんが描かれていないような…
これから出ることを(または読んでない部分に出てることを)願ってます。
あまり心を抉られないのは、恵まれた環境にいるからかもしれないと思いました。

コメント日時: 2015/01/17 11:40
あ☆キラン
20: あ☆キラン
女性の趣味という要素が大きいですが、徐々にレイヤー活動を続けていく中で様々な世代の違いによる目線、男性視点としての登場人物が出てきたらいいなぁと思っています。

コメント日時: 2015/01/17 1:08
HAL
19: HAL
漫画家さんが、レイヤーだと思っていたのですが、違うことにびっくりです。あまりにもリアルで。
自分自身の事の様でとても痛いのですが、自分への戒めとしています

コメント日時: 2015/01/14 11:54
れぽた@停止中
18: れぽた@停止中
kindle版で買っています。
カメラマン視点でも参考になります

コメント日時: 2015/01/12 14:28
士道★webheads
17: 士道★webheads
2巻まで買ってます。女性のガワコスレイヤーさんを是非登場させてほしいなぁ。
ガワにはガワの苦労があるんですよw

コメント日時: 2015/01/11 4:37
おにくすき子
16: おにくすき子
新刊買わないと!

コメント日時: 2015/01/10 20:44
天音せつら
15: 天音せつら
今コスプレを題材にした作品はわりと出てますがここまで色々抉られる作品は初めてです…
私は主人公よりかなり年上ですが、回りに隠してたり若い子に嫉妬したりすごく見に積まされる事ばかりで毎回泣けてきますね(�・ω・`)
ここまで完璧主義ではないけど共感できる部分が多すぎて辛いです(泣)

コメント日時: 2015/01/09 14:30
さっと。
14: さっと。
単行本が出たら即購入する数少ない作品の1つです。

色々抉られながらも、モーニングの発売日が毎週楽しみで仕方ありません。

コメント日時: 2015/01/09 12:08
正解する西城season2
13: 正解する西城season2
買ったった!!

コメント日時: 2015/01/08 22:27
日向めろん@OWD講習中
12: 日向めろん@OWD講習中
ファッション敏感なイマドキ女子やファッション業界・芸能界がコスプレに参入するようなストーリーも加えてほしい。

コメント日時: 2015/01/08 22:12
 123→
 キーワードから記事を検索
アクセスランキング
人気のキーワード