会員登録ログインメンバー検索
トップページ > コスプレ関連ニュース > ニュース詳細   
コスプレ  コスプレ How to
マスキングテープが便利!スタジオ利用者向け、傷防止のフェルトを貼る方法
2016年3月13日(日) 16時15分配信
view 15333 

マスキングテープを活用。
雨の日や求めるシチュエーションに合わせて撮影ができるスタジオは、撮影派コスプレイヤーにとって必要不可欠な存在となっている。そんな撮影スタジオを利用する際、「靴底にフェルトを貼ってください」という規約を掲げる施設が増えているのをご存じだろうか。靴底のゴムや汚れによって、床や壁などに傷や汚れが付着してしまうのを防ぐためだ。

ただこのフェルト、両面テープなどで靴底に貼り付けるため、剥がした後にテープの粘着が靴に付いてしまい取れなくなってしまった……ということになりがち。コスプレという趣味は足先の靴までが”キャラクターのコスチューム”なため、その衣装専用の靴を用意することも多く、野外用・屋内用と分けるのは難しい。そこで、靴を傷めずにフェルトを貼るために役立つアイテムが、マスキングテープだ。

靴を汚さずにフェルトを貼りたい!


”原状復帰”にも役立つ、注目のマスキングテープ
マスキングテープは建築の現場などで”養生”と呼ばれ、塗装やコーキングがはみ出ないように利用する粘着テープ。弱めの粘着力が特徴で、壁面や資材を傷めず、貼っても簡単に剥がすことができる。最近では可愛いデザインのマスキングテープの登場がきっかけとなり、DIY賃貸リフォームやデコレーションにも活躍の場を広げているため、ホームセンターや100円ショップなど様々なお店で購入することができる。

原状回復の場面で重宝されているのが、マスキングテープ+両面テープという黄金の組み合わせ。今回ご紹介する靴底フェルト貼りにはもちろん、コスプレイヤーは軽いパーツや装飾を両面テープで貼り付ける場面が多い。そういった場合でも、マスキングテープを貼ってから両面テープで装飾を付けると、対象物に両面テープの粘着が残らず綺麗な状態を保てたり、応用が利くのだ。

昨今はデザインが豊富になったマスキングテープ。



靴底にフェルトを貼ってみよう
では、マスキングテープを使って靴底にフェルトを貼ることを例に、手順を説明していこう。用意するものは以下の4つ。フェルトは100円ショップで購入できるが、すでに粘着面が付いている製品も存在する。ただし、フェルトは1枚で靴全体を覆えるような広い面積のものを選ぼう。つぎはぎで接着すると、歩いているうちに粘着面が床にこびりついてしまうことがある。

フェルト(Can★Do)、両面テープ(コンビニ)、マスキングテープ(ホームセンター)、ウェットティッシュ(Seria)。近所のお店やネットで手軽に手に入る。



1.靴底をウェットティッシュなどで拭いて乾燥させる。
外で履いたことのある靴底は、土などで汚れているので除菌シートなどで汚れを拭く。靴のお手入れにもなって一石二鳥だ。水に弱い素材部分は、乾いた布などで汚れを取る。

靴底の汚れをウェットティッシュで拭き取る。

向かって左がそのまま、右が拭き取り後。けっこう汚れているものだ。



2.マスキングテープで靴底、角を覆う。
マスキングテープで原状復帰の土台作り。少しはみ出るくらいにマスキングテープを埋め尽くして貼っていく。はみ出た部分は後からハサミでカットしてしまえばいい。ふちの方もぐるっと覆って密着。

マスキングテープを靴底に貼っていく。

余分な部分は、はさみでカットしよう。

粘着は弱めだが、しっかり接着されている。



3.フェルトをカットし、両面テープを貼る。
フェルトは靴底のサイズよりも一回り大きくカットする。靴底だけでなく、角の部分まで覆うことが床に傷を付けないコツだ。ふちに沿って両面テープを貼り付ける。

フェルトに靴を当てて大き目にカット。



4.はみ出ないようにフェルトを貼る。
靴底の面からフェルトを貼り付ける。角は切れ込みを入れ、きっちり靴底を覆うようにして貼ることがポイントだ。今回はわかりやすいように白のフェルトを使用したが、黒っぽい靴ならば黒のフェルトを使えば目立たないようにフェルトを貼れる。

ふちまで覆うように貼ると、床に傷がつきにくく安心。



撮影が終わったらマスキングテープごと剥がせばOK。とても簡単にフェルトを剥がすことができるし、粘着が靴にべっとり付いてしまうことや、跡が残ってしまうことにはならない。自宅であらかじめ靴底にフェルトを貼って準備しておくと、撮影当日フェルトの準備に時間がかかってしまったり、「フェルトが無い!」と言って買い出しに行くことが防げる。合わせメンバーやカメラマンさんに迷惑をかけないように、準備はしっかりしておきたい。

フェルトは靴の色と揃えると自然な仕上がりに。また、フェルトで床の上を歩くと大変滑りやすくなるので、転倒などにはくれぐれも注意を。そして粘着テープの接着よりは弱くなってしまうので、負荷のかけ過ぎは禁物だ。スタジオなどの施設を少しでも綺麗に利用し、お互いが気持ちよく活動できる環境を作っていきたい。

マスキングテープ+両面の組み合わせはまだまだ多様な応用テクニックが存在する!ぜひ活用して、新たなアイディアを生み出してほしい。
記事:松江
 スタジオ    衣装
コスプレ How to
・接写に負けない肌を手に入れよう!顔の産毛処理方法 2017-5-30 18:22
・コスプレイヤーの必需品!おすすめ画像加工アプリ4選 2017-4-28 18:14
・眉毛全剃りレイヤーさんに朗報!1週間消えない眉メイク 2017-4-11 16:37

(0件)
コメントはありません。
 キーワードから記事を検索
アクセスランキング
人気のキーワード