会員登録ログインメンバー検索
<<  2018年01月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
       
【おそ松さん】奇をてらわぬ
【おそ松さん】クール始めに
【おそ松さん】総集編よりは
【おそ松さん】御松印!【応
【おそ松さん】真面目……か
過去の日記へ
Re:おそ松さんカフェ大阪リタ
紅苺 (5/6 18:47)
Re:禁煙ではなく休煙,という
ネコ=バタートースト (9/2 1:12)
Re:禁煙ではなく休煙,という
平里了●生きてる (8/22 2:46)
Re:[※全員必読]
(7/20 22:39)
Re:※バトン  ザビー「オー
ネコ=バタートースト (7/1 21:38)
一覧を見る
【おそ松さん】クール始めに気を付けろ【第二期14話感想】
ネコ=バタートースト
2018年01月14日 03:46
おそ松さん 第二期14話 感想
総評
 色々と準備出来ていない我々に降り掛かる洗礼.

 「さん」はクール始めに仕込む鉄則があるらしい.OP・EDも入れ替わる中で情報処理が間に合わない我々を横目にやりたい放題.だがそれが良い.
 奇しくも「実松さん」→「ショートスキット」→「チョロ松回」という流れは前期2クール始めを踏襲している.このスタッフだから狙ってるんだろうなあ.いやこのスタッフだから何も考えてないかも.


#実松さん 第九話
 第2クール始めは実松さんという慣習があるかどうかは判りませんが……

・おそ松兄さん
 溢れ出る安心感.櫻井氏の演技力に脱帽です.溢れ出るお兄ちゃん感は,自身も長男だという氏ならではのものか.

・実松の妄想
 あくまで実松の妄想する世界なので,6つ子全員が無個性に.カラ松と一松のわだかまりが無かったり,全員の一人称が「俺」だったりする時点で従来のファンは違和感を感じ,察する.

 実松は「第三話」でも兄弟の妄想をしているが,この時は自分と容姿,年齢,境遇の同じ兄弟で,自身が纏め役(長男?)という役割だった.転じて本「第九話」では,丸っきり世界観の違う「さん」の世界に入り込み,7兄弟の4男という立場に収まっている.妄想による逃避という点では共通しているが,この設定の差は何に起因しているのだろう.
 まず,妄想がより現実から乖離している事に注目したい.つまり「現実から逃げたい」という衝動がより強まったと考えられる.そして,「自分は駄目な人間じゃない(リーダーシップを持っている)」という自己肯定感から,「(中庸で)守られたい」という欲求の変化があったのではないか.前者の時点ではまだ,日常に対する前向きな気持ちがあったのだが,本話では現実の中で戦う事を拒絶した,半ば諦観めいた境地に至っている様に思える.社会人からドロップアウトする瀬戸際である.いよいよ進退窮まって追い詰められている状況が伺えるが,所詮ネタ話に真面目な考察をするのは馬鹿げているだろうか?

・「完」からの次回予告
 いや続くんかい.
 第三期第2クール始めに再来するのでしょうか.それにしては次回予告で死ぬと明言しちゃってるので本シリーズはここまでになるのか.
 予告内で6つ子が「ちゃんとしてる(おそ松Ver.)」のでリピート必須.


#UMA探検隊
 陰鬱な前パートの鬱憤を晴らすかの如き投げっ放しのナンセンスパート.

・地球儀が軸を無視して回転
 滅茶苦茶適当な仕事である.このスタッフだから敢えてだろうなあ.いやこのスタッフだから単に面倒だったのかも.

・つづく
 いや続くんかい.
 どうやら終了した「トト子とニャー」に続く(尺稼ぎ)シリーズ開始の様です.期待せずに期待しましょう.


#OP
 サイバーな感じが実にキュート.相変わらずクレジットの出し方も凝ってます.「さん」はキャラデザこそ単純ですが,何気に美術に力が入ってる所が通好みかと.
 にゃーちゃんの扱いが再び大き目になってます.今期は第1クールから大活躍でしたが,第2クールでも暴れてもとい活躍してくれるのでしょうか.ファン必見です.


#チョロ松事変

・yonathyan's
 ジョナサン近くに無いんだよな〜.

・茶髪
 今や世の中は染めてない人の方が少ないんじゃあないかって位日本人は茶髪になってますね.私?私は生まれ持ったものを弄るのは好きじゃあないです.整形とか.化粧もあんまり.矯正は私もしてますけどね.

・弟3人の前でイキるチョロ松
 兄に見せる自信は無いから弟を試金石にするっていう保身が如何にもチョロ松.

・んで実際どうよ
 ん〜……いいんじゃないすか.感じてるのは違和感であって一概にダサいって切り捨てる程でも無いかなあ.ほら,突然坊主にしたらびっくりはされるけどその内馴れて当たり前になるっしょ.アレよアレ.
 ってチョロ松ファンは黙ってないだろうなあ.

・何が問題?
 そこにあるのが違和感であれダサさであれ,(トト子はともかく)チョロ松は兄弟全員から総叩きを受けます.1人位は「まあ良いんじゃないの,本人が良いなら」って言いそうなもんですが揃って全否定.これには想像以上に根深いものがあると思うんですよ.
 言うなれば「アイデンティティの喪失」.どっかで聞いたな.つまり「チョロ松が(6つ子の一部としての)チョロ松で無くなる」事に猛反対してるのではないかと.
 ♪6人分のムッツゴー と歌にもある通り,6つ子は「6つ子である事」が1つの重要なアイデンティティとなっています.そこから逸脱する事には,危機感さえ覚える喪失感が伴うと考えられます.恐らくそれを最も恐れているのはおそ松ですが(「手紙」での描写より),それ以外の兄弟達も多かれ少なかれ似た想いを持っている様に思えます.この連帯感というか柵が,殊自立という目的に対しては決して良い作用をするとは思えないのですけれども,そういう駄目な所が可愛いのかなと.
 「皆と同じでないと安心出来ない」,「出る杭は打つ」という如何にも日本人的な所も,親近感を覚える一因かも知れませんねえ.余り良い事ではありませんが,「そうさ俺達もゴミですクズです」みたいな駄目な一体感をね.感じるよね.ヒヒッ.

・みんなまあるく収まった
 「似合ってないと言いたいけど言えない」→「兄ちゃんがズバリ言ってくれる」→「兄ちゃんの言を利用して他人のせいにする事で言い逃れが出来る」→「冤罪だけどグッと堪えて頭を下げる」→「冤罪を謝る」 と(チョロ松にとって)最悪の形になる事無く何とか収集がつく所が腐っても良い兄弟だなあと思いました.微笑ましい.


#ED
 「アンニュイ」という言葉はこの曲の為にあるのではないかと思える程の気だるい曲調.
 ぶっ掛けられて噴出して爆破される胸像.前衛的だ.
 この2つが相まって何とも言えないカオスな気持ちにさせてくれます.ちょっと怖いかも.
 「元祖天才バカボン」に倣った気がします.割と気のせいじゃない感じで.

 久々に6つ子1人ひとりをフィーチャーした曲らしいので,推し松Ver.を楽しみに待ちましょう.


TVアニメ「おそ松さん」公式サイト :http://osomatsusan.com/