会員登録ログインメンバー検索
<<  2016年07月  >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
引っ越し!引っ越し!さっさ
新年の挨拶あるいは諸連絡な
コミケ&となコスレポ
コスサミレポート
コミケ・となコス予定
過去の日記へ
Re:引っ越し!引っ越し!さっ
Kobe(構図の処方箋) (1/28 15:23)
Re:コスサミレポート
NORA (9/5 21:58)
Re:コスサミレポート
NORA (9/5 21:58)
Re:コスサミレポート
NORA (9/5 21:57)
Re:コスサミレポート
NORA (9/5 21:57)
一覧を見る
「ヤバい」人たち
NORA
2016年07月28日 00:40

そういやここんとこ雑文とか書いてねーな、と思ったのでふと書くよ。


最近、集団における人間の心理に興味があって、手当たり次第にノンフィクションを読んでいた。
興味の矛先は、端的に言えば、「ひとはなぜ集団のなかで狂うのか」ということだ。



ちょっと何冊か紹介。



『消された一家 北九州連続監禁殺人事件』(豊田正義著・新潮文庫)


『家族喰い 尼崎連続変死事件の真相』(小野一光著・太田出版)

いきなりキツいのきちゃったなあ。どちらも日本、いや世界の犯罪史に残る凄惨な事件を取り上げた本。苦手な人はマジで反吐が出るんで気軽に読まん方がいいです。
どちらの事件も内容が強烈すぎるんで詳しく紹介しないが、「突然現れた部外者によって家族がめちゃくちゃにされ、互いに憎み殺し合うことになった」という点は共通している。いずれも事件の首謀者(北九州事件は死刑判決、尼崎事件は拘留中に自殺)のキャラが立ちまくっている―というか「悪」の体現として完璧すぎて、こんなのに目つけられたらそりゃひとたまりもないやろうなぁと妙に納得してしまう。




『恥さらし 北海道警悪徳刑事の告白』(稲葉圭昭著・講談社文庫)

いま公開されている綾野剛主演の映画「日本で一番悪い奴ら」の元ネタ。
日本警察最大の不祥事こと「稲葉事件」の当事者が書いた手記。真面目で正義感溢れる熱血刑事がしだいに手柄をあげることにのめり込み、警察組織のバックアップあるいは黙認のもと、犯罪に手を染めていく姿が克明に描かれる。あっけらかんと書かれていて笑える場面も多いので(死人出てるんだけどな)、結構万人向けにオススメ。




『ドリーム・キャンパス スーパーフリーの「帝国」』(小野登志郎著・太田出版)

いわゆる早稲田大学スーフリ事件(もう、いまの若い人は知らんかな)を扱ったルポ。要はヤリサーの集団女性暴行事件なんだけど、単に男が女をひどい目に遭わせた系の話じゃなく、ある件の被害者(女)が別件では加害者側になっていたりするのでもう見てらんない。
意外なことに、首謀者の男たちはいわゆるウェイ系ピーポーじゃなかったらしい。むしろ高校までは女性が苦手なタイプで、大学デビューで調子乗っちゃったのが大半だったようだ。非モテをこじらせたゆえの強烈な反骨精神がノンストップで突き抜けた結果、辿り着いた終着駅が刑務所だったと考えると、なんだか他人事に思えない。



さて、なんでいきなり「集団」なんてものに目を向けたかといえば、われわれ平成のオタクは基本的に「群れる」動物だからである。

特にこの趣味なんてそうでしょ。ぼっちで自撮りしてるのは正直つらい。ふと周りを見渡せば、みんな友達と楽しそうにキャッキャしている。孤高を貫けるのは一部の超人のみである。そんなわけでわれわれ凡人は、誰かと愉しみを共有することが必然となる。それが拡大して、やがて「集団」が形成される。
さて、これは趣味や興味を発端として形成された集団である。学校や家族みたいな強固なものじゃなく、あくまで俺の人生における数%を他人の数%と共鳴させる、ゆるいつながりである。これが強くなるとみんなで会社を作ったり、一緒にプロジェクトを遂行したり、あるいは交際・結婚したりする。これは「絆」の健全な発展形であろう。


ところが、「絆」を強固にすることが、必ずしも良い結果ばかりもたらすとは限らない。

もちろん殺人まで起こす輩なんてそうそういないが、所属するメンバーを疲弊させ、周囲から孤立させ、組織への依存を強要する集団というのは、それこそ中学校の教室から会社組織、趣味の世界に至るまで、そこかしこに点在するものだ。
これを「悪しき集団=カルト」という。北九州事件・尼崎事件は、一人のカリスマが周囲の人間を次々と屈服させ、支配下に置いていった。北海道警は「うちではこれが正しいの」とばかりに組織ぐるみで違法な捜査を行っていた。スーフリは、いかに犯罪行為を手際よく行い、完璧に隠蔽するかに特化した集団だった。いずれも、外部から切り離された蛸壺(たこつぼ)の中でじっくりと醸成された「カルト」であった。


ところで俺はけっこう意識して、特定の集団に依らないように気をつけている。それは俺の危機意識が高いとか孤高を貫ける精神力があるとか、そういうポジティブな理由ではなく(むしろ寂しがり屋である。てへ)、根本的に協調性に欠ける心根を持っているせいで、あまり特定の集団に没入することができないという性分ゆえである。

以前にも言った通り、俺は基本的に俺のやりたいことをしたいので(もち法律の範囲内でね)、それが嫌だって人は離れてね、ってスタンスであるし、たぶんしばらくそれは変わらないと思うのだ。趣味なんだもん、気楽にやりたいぜよ。


別にわざと嫌われる言動をとる必要なんかないのだが、あくまで趣味とはあなたが、あなた自身が楽しむという目的が根底にあるってことは確かだし、覚えておくべきだと思う。そこを忘れて「集団」に奉仕し始めるとき、何か危険なものが水面下で動き始めるのかもしれない。



願わくばあなたが、あるいは俺が、その兆候に気づき、一線を超える前に踏みとどまれますように。
あなたが、俺が、明日「カルト」の一員として逮捕されないという保障など、どこにもないのだから。

全てを表示1最新の10件を表示
1: うめぷ@の☆キングさまっ♪  「謝れば済む問題」で止める為に (2016/7/28 21:53)
この日記はアーカイブのメンバーにのみ公開されています。
全てを表示1最新の10件を表示
全てを表示12最新の10件を表示
11: NORA 
2016年07月27日 18:59
>2: うめぷ@の☆キングさまっ♪ さん
あ、トラバはご自由にどうぞ〜。
この日記は全体公開だし、外部ブログでも普通に公開してますんで。 
12: NORA 
2016年07月27日 18:59
>3: せい さん

>知り合いを増やせば増やすほど生き辛くなる
わかる。なんというか身動きとれなくなるよね。
物理的には限界あるにせよ少なくとも精神面での合理化必要。 
13: NORA 
2016年07月27日 19:00
>4: まみほ さん
どうもどうも。褒められて伸びるタイプです。
不快感つーか、読んで得られるものがない日記は自分も好かんですな。世論正論以上のものが見つからないというか。ヤフコメとかはまさしくそんな感じ。 
14: NORA 
2016年07月27日 19:00
>5: 今泉さき さん
うけるね!!!! 
15: NORA 
2016年07月27日 19:01
>6: 灰猫 さん
自分は、家族に序列をつけるあたりスタンフォード監獄実験(映画「es」の元ネタ)を連想しましたな。ナチは音楽隊作って適度にガス抜きさせたり収容者間のヒエラルキー作ったりしてやることがえげつなかったですねー。 
16: NORA 
2016年07月27日 19:01
>7: SAPPO さん
そそ、楽しむことが第一ですね。やばくなったらそそくさと撤退して待機で。 
17: NORA 
2016年07月27日 19:01
>8: 美音璃 さん
大人っていうか、余計なことにエネルギーを消費するのが嫌なんだと思います。
自分の経験とか出費とかにおいて無駄なものは極力少なくしたいんですよ。貧乏性なもので(笑) 
18: NORA 
2016年07月27日 19:02
>9: ザ†V系っぽい†にゃん様 さん

ぼくは性悪説なので、「元から狂ってる」ってのは概ね賛成ですね。
ちなみに北九州事件の本の著者は、支配されやすい人間の特徴として「純粋な性格」「警戒心が薄い」「間が抜けている」「世間体を気にしている」「実家が裕福」「子供がいる」などを挙げています。

んで、ここはにゃん様さんとぼくの見解の違うところだと思うんですが、ぼくは日本人の特質って別に昔から変わってないと思うんですよ。むしろ今のほうがまだネットの発達で別視点が入ってきやすいだけ、集団心理にブレーキかかりやすくてマシというか。別に昔の日本人って勤勉でもなければたいしてモラルがあったわけでもなくて、混乱を抑えるためのシステム構築においてそこそこ優れていたってだけの話なので。

「すがる何かを見つけたら強くなった気になる」ってのはその通り。だから、ぼくはむしろ宗教とか信じられるものなら信じたいんですよね。それでつよくてニューゲームが始まって人生イージーモードになれるんなら、自分の信仰を売る程度、安い買い物だと思うので。

やらかす輩はたぶん原始時代に生まれていても空気読まずに猛獣に特攻して食われていたはずなのでもう仕方ないです。直接的な実害がない限りは放っておきましょう。一定レベル以上のものは社会が駆逐してくれます。
ぼくはこの社会の大多数が信じる道徳とかモラルとかそういうものは基本クソだと思ってますが、そういう自浄作用をある程度信じる程度には希望を持っているし、明日の世界は今日より少しだけ良くなってんだろうなーと思う程度には楽観論者です。 
19: 中谷 
2016年07月28日 10:41
フォロー外からですみません!
NORAさんの日記、つい真剣に読み込んでしまいました…。

特定の集団に依らない、というのは私も同タイプなので凄く共感できます。左倣えの集団の中で右を向けば「異端」として忌避される、それを避けるためにひとりひとりの個性が消され、現在の女子大生みたいな「みんな同じに見える」現象が起こるんだな、と…。
中学の同じクラスの二つの集団が対立した時に、集団の外にいた人間を引き込む…中学生だからまだ良かったもののこれが社会の宗教団体だったら、と思うとゾッとしますね(笑)

長々とすみません!素敵な日記をありがとうございました! 
20: NORA 
2016年07月30日 00:51
>>19:中谷(仮)さん
どうもどうも、コメントありがとうございます。何らかの参考になったのであれば幸いです。

対立は仲間意識を醸成するのに便利なんですよね。共通の敵ができると絆って深まるから。
なので特定の「敵」を指定してそこへ仲間の目を向けさせようと仕向ける人は要注意ですよ〜(^_^;) 
全てを表示12最新の10件を表示
コメントを書く  トラックバック  過去の日記へ
マイニュース
・タイ僧侶半数メタボ 供物変化
・WBC決勝視聴率2.9% 関心薄く
・宮城と千葉 鳥インフル検出
・鎌倉幕府1185年 教科書の変化
・首相 寄付証言「事実反する」
・会社支給の古いPC 生む損失
・ベッキー妹 日本でCM出演
・言動奔放「昭恵リスク」鮮明
・4月の人気コスイベを発表
・開花時期は?桜撮影のコツ
・94年頃のコスイベとC-NET話