会員登録ログインメンバー検索
トップページ > レビュー > STUDIO HAMSTER(3匹目! Ver.3)
▼新規レビュー登録
▼人気レビュワー
▼人気イベント会場
 地域: 
▼人気スタジオ
 地域: 
STUDIO HAMSTER(3匹目! Ver.3) 東京
所在地 東京都板橋区南町25-17  →地図を表示
3.5点 / 総評価数2件
交通・東京メトロ「要町駅」3番出口より徒歩15分
行きつけ登録者:(3)
LilyQuaは度し難い聖遺物こーが@コス休止中
1 / 2  

あさると

思ったより狭く感じてしまう難しいスタジオ構造が残念
先日、被写体が7名いる中型あわせの撮影班として使わせていただきました。

まず交通ですが、最寄り駅は東京メトロ有楽町線と副都心線の要町駅になります。

この駅ですが、副都心線の場合は急行と通勤急行は通過駅なので
列車の種別には注意してください。

有楽町線であればすべての列車が停車するので安心出来ます。

要町駅からは少し遠くて15分弱歩きますが、地図通り歩けば大丈夫だと思います。
大通りを延々歩くのですが曲がるところがちょっと癖があって、
逆レの字の道を左へ曲がったらすぐ右の道をまっすぐ行けばまず迷わないと思います。

目標は通り沿いにある大判焼き屋さんの真裏にある逆T字路をまっすぐ進むかたちです。

まっすぐ歩くと白い塀に囲まれた「二宮薬品工業株式会社」と書かれた看板の建物がありますが
そこがスタジオになります。

自分の使った地図上にも二宮薬品工業の名前で出てきたので、
おそらく登記簿上もこの名前のままなのでしょう。

こういう、工場や倉庫を改造するかたちは江東区大島のBooty東京や
亀戸のCOSNAスタジオ、今は無き森下にあったC-Studioに似ていますね。

バスで来る方法もあるので、詳しくは公式サイトをご確認ください。

次にスタジオの中身ですが、まず注意することがあって
同じ場所に同じ運営者の別のスタジオ「スタジオハムスター5匹目」が入っています。

これが以外と面倒で、当たり前ではありますが同じ建物なのに
スタジオの借り方によってはその場所が使えないのです。

最初はホームページで内観を見てからスタジオを借りることが主ですから、
問題は無いかもしれませんが、白壁のブースの真裏が別のスタジオの場所だったりして
スタジオの構造がとても雑な気がしてなりませんでした。

メインであるカントリー部屋は他のブースに比べると大きいのでこの部屋での撮影だけを
考えているのであれば問題ないかもしれませんが、それ以内にある女の子部屋や
イングリッシュガーデンはとても狭く小さいので、被写体3人が限界くらいです。

そして、その部屋に行くための移動がとても面倒くさかったのが悪い印象として残りました。

カントリー部屋が2階にあるのですが、そこから女の子部屋に行くには
1階に降りて別の小さい部屋を3部屋も抜けて入り口の方に戻り、
階段を上がって2階に行かなければいけませんでした。

イングリッシュガーデンもやはり1階に降りて、白壁ブースを抜けて先に行く必要があり、
スタジオ間の距離が機材の移動や大きな衣装の方の障害になりそうなのが残念でした。

白壁ブースは先ほど言ったとおり、壁の裏側が別のスタジオとなっている故に
部屋の半分が壁で仕切られ、部屋の大きさが半減していて奥行きが全くなく
とても使いづらかったです。

次に気になったのは空調です。

女の子部屋にはまともな空調がありませんので夏は暑く、冬は寒いと思います。
イングリッシュガーデンも空調が行き届いていないので、同じ感じだと思います。

他の部屋は多分問題ないと思いますが、屋内スタジオなのに場合に言っては
熱中症対策や防寒対策が必要なのも残念かなと思いました。

あと、スタジオ全般的に光の調整が難しい場所が多くイングリッシュガーデンは
昼間に自然光が入りすぎて難しいですし、カントリー部屋は暗めで難しいです。
女の子部屋は白壁で狭いおかげで逆にストロボ利用だと光がよく回り撮影しやすかったです。

いろいろ書きましたが、撮影することだけを考えれば
スタジオそのものは普通で問題ないと思いますが、
ブースの狭さ・細さ・スタジオ間移動の面倒さ等を考えると、
中型あわせ撮影では気持ちよく使えなかったのが率直な感想です。

あと、細かいところですがカントリー部屋の床板が少しめくり上がっていた場所があり、
裸足の人や引きずる衣装の時注意しないとまずい気がしました。(画像参照)

最後に、アフターにおすすめな場所ですが要町の駅のそばにジョナサンがあったので
そこが便利だと思います。

このスタジオは、少人数撮影向けスタジオでがっつり撮る系の方に向いているスタジオだと思いました。

 12017年6月8日 15:13
1 / 2