会員登録ログインメンバー検索
ハマーン・カーン
参加者リスト(66)
全ての参加者コスプレイヤーユーザー
桐香(254) 高城麗子(14) 流焉@活動まったり再開(232)
美散(311) Zauberer(31) 無道るき(97)
ゆう(5) 龍輝(21)(198) eri(151)
全てを見る(66人)
同盟プロフィール
同盟の名前ハマーン・カーン
開設日2010年03月23日
管理人無道るき
ジャンルアニメ
関連作品機動戦士Zガンダム
機動戦士ガンダムZZ
機動戦士ガンダムC.D.A〜若き彗星の肖像〜
機動戦士ガンダム
参加人数66人
公開レベル同盟参加者のみ
参加資格コスプレイヤーとユーザー
参加方法自由参加
同盟の紹介
機動戦士Zガンダムおよび機動戦士ZZガンダムの登場人物ハマーン・カーンが好きな方の為の同盟です。

☆ハマーンが好きです
☆ハマーン様と呼んでいます
☆ハマーン様から薔薇を頂きたい
☆ハマーンがガンダムシリーズ女性最強のパイロットだと思います
☆アクシズに入りたいです
☆シャアとハマーンの関係が好き。やりとりも
☆カミーユ シャア シロッコ ジュドーと互角な所が好き
☆搭乗MSのキュベレイが好きです
☆少女時代のハマーン様に一目惚れしてしまいました
☆ハマーンのコスをしていました。してます。したいですなど、
ガンダムシリーズ、ハマーンが好きな方はお気軽に参加して下さい。
ハマーン・カーンとは?
声:榊原良子
宇宙世紀0067年1月10日、ジオン公国高官、マハラジャ・カーンの次女として生まれる。姉はドズル・ザビの妾であるが、一年戦争前に亡くなっている。一説では、セラーナという妹がいたという。一年戦争時はフラナガン機関で育成され、戦後、父マハラジャらとともにアステロイド・ベルトの小惑星基地アクシズに逃亡、潜伏する。

キャラクター概要では、クワトロ・バジーナは、ハマーン・カーンを「機動戦士Zガンダム」作品中にて、「ジオンの亡霊」と証言している。いかなる者にも決して媚びない性格。

『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』では、ニュータイプに興味を持ち、自らもニュータイプの素質を見出され、その研究に協力する様子が描かれている。しかし、自分の体を他人に調べられることが少女時代のハマーンにとっては苦痛となっていき、その研究を拒絶するようになる。その後、一年戦争の際のジオン側の英雄であり、ニュータイプであるシャアの事を聞いて、彼に興味を持ち、その後再び研究に協力するようになる。この作品に登場するハマーンの容姿やシャアへの憧れの想いは『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』のクェス・パラヤに似ているところがある(正確には、後発作品である本作の若きハマーンの方が、クェスをモチーフにしている)。

宇宙世紀0083年8月9日、父マハラジャ・カーン死去。8月11日、当時恋人関係だったシャア・アズナブルの推挙でミネバ・ラオ・ザビの摂政になり、アクシズを率いる。就任の直後の10月、デラーズ・フリートの支援に艦隊を派遣する(アニメ『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』)。この作品の中では1シーンだけの登場。

ハマーンはザビ家再興という目的を掲げ、元ジオン軍の残党をまとめ国力を蓄える。宇宙世紀0086年2月6日、アクシズを地球圏に向けて発進させる。
ウィキ参照
主な搭乗機
AMX-003 ガザC-『Z』劇場版「II」・TV版第32話。劇場版で登場したハマーン専用のガザCは、白を基調としたカラーリングが施されている。
AMX-004 キュベレイ-『Z』劇場版「III」・TV版第42〜50話、『ZZ』第47話で使用。ハマーンの代表的な搭乗機。
MSM-04 アッガイ -『ZZ』第40話にて、スタンパ・ハロイのコレクションを強奪して搭乗

『機動戦士ガンダム C.D.A. 若き彗星の肖像』で搭乗
MS-09R リック・ドム-専用の白いカラーリングが施されている。
MS-09R4(MS-09RN) シュネー・ヴァイス-上記の専用リック・ドムの改修機
人間関係{ネタバレ注意}
シャア・アズナブル
『機動戦士Ζガンダム』では登場に先立ち劇中のかなり早い段階でシャアことクワトロからその名前と存在を指摘されていた。元恋人でもあるシャアとの確執が多く見られる。これはシャアがハマーンの摂政就任後に、地球圏の偵察という目的で、アクシズから離れたからである。この出来事と摂政という立場から、彼女は心を閉じ孤独に戦うことになるのである。また、二人はニュータイプによる人類の革新を目指すという点では一致するが、具体的にどのような方法を用いるかについて、意見が大きく違っていた。ハマーンの、飽くまでもザビ家の血統を重んじ、ザビ家の遺児ミネバ・ラオ・ザビを政治の道具として利用するという方法と歪んだ育成方針は、シャアには許容できかねるものであった。

劇中で、ハマーンはシャアに対ししばしば傲慢な態度をとり続けた。しかし最終話では、自らの元に戻るよう発言している。元恋人として、親しい人間として、そしてニュータイプとして、彼女はシャアに対して複雑な感情を抱いていたようだ。しかしシャアはハマーンの元には戻らなかった。

後のシャアが、結果的にハマーンと同じ事をしたのは皮肉としか言いようがない。これについては、シャアがハマーンと同じことをしたというよりも、シャアに気に入られようと必死だった少女時代のハマーンがシャアの真似をしてきた結果、彼(の自己嫌悪する部分)に似てしまったのではないか、と評する意見もある。

カミーユ・ビダン
カミーユ・ビダンはハマーンにとってニュータイプとして最も共鳴し合えた存在であった。カミーユのZガンダムとハマーンのキュベレイが直接対決した際に、二人の深層意識に眠る記憶を感知するほど精神が共鳴する場面がある。ハマーンはその心中をカミーユに知られたことに怒りを覚えている。

ジュドー・アーシタ
ΖΖガンダムのパイロットであるジュドーにシャアと同じ気配を感じたことで興味を持ち、劇中でハマーンが再三ジュドーに向かって仲間になるよう誘いを掛ける場面が出てくる。またジュドーに対し、自分とジュドーが同じ人種だと語りかける場面も何度も登場し、ジュドーの仲間達がジュドーとハマーンが引き合っていることを言葉にする場面もある。しかし、結局ジュドーがハマーンを受け入れることはなかった。MSによる決戦でハマーンはジュドーに敗れるが、散り際に際してジュドーという「強い子」に会い、地球圏へ帰ってきて良かった、という想いを言葉で遺す。

ミネバ・ラオ・ザビ
前述のようにシャアとの対立原因となったのがミネバの教育方針である。ミネバ自身はハマーンに対して養育と保護に対する感謝は表しているものの、親愛や信頼と言った感情は希薄であったらしく、ハマーンの前では笑顔を見せたことが無かったことがΖ劇中でハマーン自身の口から語られている。逆にハマーンと関係の無い人間やミネバ個人の幸福を政治利用より重視したシャアの前では普通に喜怒哀楽を表しており、ハマーン自身は第39話でそれを目の当たりにしてショックを受けていた。ウィキ参照

最新のトピック書き込み
01月07日 ご挨拶(7)
05月28日 アンケート結果発表「管理人専用」(6)
06月26日 合わせ板(0)
04月15日 お知らせ&感謝{管理人専用}(1)
04月13日 目安箱(0)
03月27日 雑談(0)
最新のアンケート書き込み
05月24日 好きな台詞は?
08月12日 人気投票 アクシズ編
07月27日 何処が好きですか?
06月21日 好きなCP 
05月25日 コスプレ
04月17日 好きな搭乗機は?