会員登録ログインメンバー検索
ルパン三世 カリオストロの城
参加者リスト(65)
全ての参加者コスプレイヤーユーザー
灘友ユルゲン孝仁(0) Amiy@基本twitter(179) きらら@TS11th(54)
❇HIRO🌙(174) マサキ@コス縮小中(102) なぎぴ(87)
藤原琴(213) XJ(96) marjoram@ラッコ(136)
全てを見る(65人)
同盟プロフィール
同盟の名前ルパン三世 カリオストロの城
開設日2011年03月04日
管理人ひでΩ
ジャンル映画
関連作品ルパン三世
参加人数65人
公開レベル誰でも見れる
参加資格コスプレイヤーとユーザー
参加方法自由参加
同盟の紹介
モンキー・パンチ原作のアニメ『ルパン三世』の
劇場映画第2作、『ルパン三世 カリオストロの城』が
好きな方のための同盟です。
・ルパン三世が好きだ。
・宮崎駿作品が好きだ。
・作品に登場する兵器・メカが好きだ。
・私はこれで、ルパンファンになりました。
ルパン三世 カリオストロの城(Wikipedhia)
概要 [編集]当初、東京ムービー新社は、鈴木清順ら『ルパン三世』TV第2シリーズ(新ルパン)や『ルパン三世 ルパンVS複製人間』の脚本家チームが執筆した脚本を元に大塚康生へ監督を依頼していたが、気乗りしない大塚は宮崎に監督就任を要請した。当時、宮崎は日本アニメーションで高畑勲らと『赤毛のアン』のレイアウトや場面設定をしていたが、これを降板して1979年5月に制作準備に取りかかる。後の作品と同様、宮崎は脚本なしでイメージボードと絵コンテを描き始め、脚本は共同名義の山崎晴哉がリライトした形となった。

もともと大塚はTV第1シリーズ(旧ルパン)の作画監督で、宮崎と高畑も、共に「Aプロダクション演出グループ」の匿名でTV第1シリーズ後半の演出を担当していた。そのため、宮崎や大塚がデザインしたキャラクターや小道具、イメージボードは第1シリーズに準じており、当時のTV第2シリーズや前作映画『ルパンVS複製人間』では赤だったルパンのジャケットが、TV第1シリーズと同じ緑色に戻されていた。

興行的には前作に及ばなかったが、後のテレビ放映や上映会で人気を集めるようになり、宮崎の演出やレイアウト手法はその後のアニメ業界に影響を与えることとなった。構想、製作期間がわずか半年という短さで作られた映画であり、宮崎は「この作品で初めて自分の体力の限界を知った」と語っている。途中、製作期間内に終わらないと考えた宮崎は、下水のシーンの絵コンテを書き直しており、不満を語っている。最終的に、製作は予定された期間より一ヶ月伸びている。
ルパン三世 カリオストロの城(Wikipedhia)
スタッフ 製作 - 藤岡豊
原作 - モンキー・パンチ(週刊漫画アクション、パワァ・コミックス(双葉社刊))
監督 - 宮崎駿
プロデューサー - 片山哲生
脚本 - 宮崎駿、山崎晴哉
音楽 - 大野雄二
選曲 - 鈴木清司
作画監督 - 大塚康生
美術 - 小林七郎
録音 - 加藤敏(東北新社)
効果 - 倉橋静男(東洋音響)
原画 - 篠原征子、友永和秀、河内日出夫、富沢信雄、丹内司、山内昇寿郎、丸山晃二、真鍋譲二、田中敦子、新川信正
制作協力 - テレコム・アニメーションフィルム
配給 - 東宝株式会社
製作 - 東京ムービー新社
声の出演
ルパン三世 - 山田康雄
次元大介 - 小林清志
石川五ェ門 - 井上真樹夫
峰不二子 - 増山江威子
銭形警部 - 納谷悟朗
クラリス・ド・カリオストロ - 島本須美
ラサール・ド・カリオストロ - 石田太郎
ジョドー - 永井一郎
園丁 - 宮内幸平
グスタフ - 常泉忠通
大司教 - 梓欽造
大司教の運転手 - 峰恵研
インターポール長官 - 平林尚三
同日本代表 - 野島昭生
同西ドイツ代表 - 寺島幹夫
同イギリス代表 - 阪脩
同ソ連代表 - 鎗田順吉
埼玉県警機動隊隊長 - 松田重治
召使い - 緑川稔
印刷主任 - 加藤正之
食堂のウェイトレス - 山岡葉子
音楽 主題歌
「炎のたからもの」(コロムビア・レコード)
作詞 - 橋本淳、作曲・編曲 - 大野雄二、唄 - ボビー
ルパン三世 カリオストロの城(Wikipedhia)
エピソード [編集]ルパン役の山田康雄
宮崎は、アフレコの際にルパンを演じている山田康雄に、おちゃらけたセリフを控え、クリント・イーストウッドを吹き替える時のような抑えた声での演技をするよう指示したが、自身でキャラクターを確立していた山田は「今さらごちゃごちゃ言われたくねーよ、ルパンは俺が決めてるンだ」と横柄な態度で吐き捨てたといい、宮崎は厳しい表情で耐えたという。これを目にした作画監督の大塚康生は「生意気だ、降ろしてしまえ」と宮崎に耳打ちしている。しかし、試写を見終わった山田はそのレベルの高さに態度が一変。「先ほどは大変失礼なこと言いまして申しわけございません。どんなことでもおっしゃってください、何百回でもやり直します」と宮崎に頭を下げたという[4]。ただし、山田の近くに位置していた次元大介役の小林清志は「そんな記憶はない」と話している[5]。
後にTVスペシャル第五弾『ルパン三世 ルパン暗殺指令』を監督したおおすみ正秋が同じ指示をした際、山田は「宮崎さんにも同じことを言われたよ」と嬉しそうに語ったという。
TV第2シリーズに不満があったとされる山田は、本作を指して「こういうのを映画と言うんだ」とも後に語っている。また、「とにかく決定的に面白い。オープニングも話の展開も信じられないくらいだ。構成といい、絵といい、とても質の高いもので、こんなの見たこと無い。各所でギャグがちりばめられており、じつに楽しい」と評し、「宮崎さん、大塚さん、バンザイだ」との讃辞も贈った。
最新のトピック書き込み
11月10日 挨拶用。(1)
最新のアンケート書き込み
12月28日 ルパン三世 カリオストロの城の好きな登場キャ
最新フォト