会員登録ログインメンバー検索
<<  2012年01月  >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
       
背景に色をつける(下書き)
背景を白くして撮影する(下
背景を暗くして撮影する(下
ストロボ講座詳細(締切りま
ネコ撮り講座(仕切り直し)
過去の日記へ
Re:背景を白くして撮影する(
まいす (9/16 19:51)
Re:背景を白くして撮影する(
きなこもち (9/16 11:17)
Re:背景を白くして撮影する(
まいす (9/15 20:35)
Re:背景を暗くして撮影する(
きなこもち (9/14 21:54)
Re:背景を暗くして撮影する(
氷上梢 (9/13 22:56)
一覧を見る
ストロボ撮影練習
きなこもち
2012年01月02日 02:29
ストロボ
ボイスにも書いたのですが昨年末、ストロボ練習用にマネキン人形を買いました。
身長170cm…邪魔です…夜、目が覚めるとビックリ!

ストロボライティングは、設定を間違えるとどうにもならない、設置に時間がかかるのがネック。
スタジオシェアやイベントでレイヤーさんに協力をお願いするにも、待たせた上にハズレ写真ばかりでは申し訳ないということで、自宅での事前練習用に買ってみました。

これだけでは影の出方が分かりづらいということで背景紙も購入。室内に吊るして練習環境が完成。

お正月で時間が出来たので3時間ほどかけて基本的なセッティングの復習してみました。

[写真の陰影確認はクリックして拡大画像参照を推奨]

1.内蔵ストロボ
 

 直射なので陰影が強く出過ぎ。反射のテカリも酷いです。
 脂の乗ったサンマやサバじゃないんだから…。
 専属でこんな写真を撮ったら二度と依頼は来ないでしょう(´・ω・`)

2.外部ストロボをカメラ直上
 

 イベントでよく見かけるストロボをカメラ脇に取り付けたものとほぼ同環境です。
 画面上が暗くなってる(光量落ち)は私の設定ミス(;_;)
 真正面に近いライトなので顔がペタンとした印象。

3.外部ストロボをカメラ上
 

 バタフライライティングと言われるセッティング。
 卵型の顔立ちが綺麗に見えるとか。
 あご下と頬の影で少し痩せて見える気はするけど、目が髪に隠れて陰気に…(レフで持ち上げてみてもあまり改善見られず)
 
4.外部ストロボをカメラ上、アンブレラ
 

 陰影が強すぎたので傘で光らせる範囲を拡大。
 あご下の影がぼやけて柔らかに。女性キャラならこちら、男性キャラならさっきの傘なしでいいかも。

5.外部ストロボをカメラ上 アンブレラ、トレペ
 

 更に光を柔らかくしようとトレシングペーパー(トレペ)を傘に。
 (実際はカサ用のナイロンシートだけどトレペとほぼ同効果)
 あご下にうっすら影が残るのみ。ふんわり仕上げなら使えそう。
 スタジオに置いてある蛍光灯ライトもこれとほぼ同じ感じ。

6.外部ストロボをカメラ斜め上45度 アンブレラ
 

 レンブラントと言われるセッティング。
 真正面から全体を明るくするライト(フィルイン)も弱めに入れています。
 雰囲気が重すぎて女性キャラにはNG。男性レイヤー、男性キャラ向け?

7.外部ストロボを被写体真横から
 

 スプリットと言われるセッティング。
 簡単に出来て劇的な演出効果を得られるのですが、落とし穴が。
 陰影の強いライティングは吹き出物があるとそこにも影が落ち、レタッチが困難になります。
 その日の肌の状態によっては避けたほうがいい場合も。

8.外部ストロボを被写体真横から アンブレラ
 

 ストロボ直射では女性キャラに使えそうにないのでアンブレラを追加。
 顔の右半分がうっすら出てるけど使えるか微妙…。

8.外部ストロボを被写体真横から アンブレラ、トレペ
 

 光が拡散して使えそうな感じまで明るくなりました。
 物悲しさを表現するならこういった感じでも。

9.外部ストロボを被写体真横から アンブレラ、トレペ、フィルイン
 

 真正面からフィルインを入れましたが、半端に明るい、顔の凹凸が妙に目立ってしまうような気もします。使い所が微妙…。

本来、表情のないマネキンが、ライティング次第でまるで感情があるかのように写り込むことがあります。
ライティングが出来るか否かがプロとアマの違いなどという言葉も耳にしますが、奥深い世界です…。


今回使用したセッティングですが、概ねこちらに記載されています。
プロ向けですので用語など難しいですが、ご興味のある方はご一読を。
http://shuffle.genkosha.com/technique/lighting/7343.html

全てを表示1最新の10件を表示
1: ミューレン 
2012年01月02日 16:40
光の当て方は美術で絵画・石膏胸像を学んだときに聞いた記憶があります。

これはもう私みたいなニワカには難しいです。以前、TFTの白壁を利用して無理矢理バウンスさせてスプリット風の写真を撮った事がありますが、ハズレが多くて…
「とりあえず綺麗に撮ろう!」てな事で天井バウンス一辺倒に妥協してしまいます; 
2012年01月02日 18:24
>ミューレンさん
石膏デッサンの経験がある方でしたら、感覚は一緒だと思います。
学生時代にちゃんとやってなかったことを今更後悔です(´;ω;`)

TTLオートはAEオートと同様、構図が変わると露出測定値が変わって、発光量も変わってしまうようです。
初期設定に時間はかかりますがマニュアルで設定すればストロボが暴れることもないと思います。 
2012年01月04日 02:28
ストロボ、やはり奥が深いですね!!
並べて見ると確かに違いが分かりました!

レイヤー視点でいうと…
女性・男性レイヤーの括りもそうですが、作品によって暗い写真をあえて使いたい物もあると思いました。

またイロイロ語りたいです(笑) 
2012年01月04日 19:55
>朔羅さん
ちょっとした角度で雰囲気がガラリと変わったりと奥深いです。
ストロボを勉強し始めてから、レイヤーさんへの顔角度の注文が多くなりましたw
暗い写真は嫌うレイヤーさんが多いので、人を選んで使ってます。

イベントなどあればまた是非ご一緒に。色々語りましょうw 
5: kiri 
2012年05月17日 00:30
コメント失礼します!

ライトの当て方一つでもこんないろんな効果があるんですね!感動しました!記事の方ブックマークさせていただきましたー
ありがとうございます 
2012年05月17日 01:06
>kiriさん
はじめまして。ブックマークありがとうございます。
プロカメラマンの中には「綺麗に撮りたかったらカメラやレンズよりまずライトを気にしろ」なんて仰る方もいるそうです。
イベント会場でも顔の角度、カメラの角度で全く写りが変わることがありますので、色々試してみてください。 
全てを表示1最新の10件を表示
コメントを書く  トラックバック  過去の日記へ
マイニュース
・東京ゲームショウコスプレレポ
・コスプレサミット日本代表チーム決定!
・ごみを拾って無料コスイベ