会員登録ログインメンバー検索
<<  2019年06月  >>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
【お松大権現】猫神様参拝
高野山 四国霊場八十八ヶ所
宝石魔術士、遠坂凛
とある公園の思い出。
ねこ遍路巡礼日記 涅槃編 6
過去の日記へ
Re:ねこ遍路巡礼日記 27日目
夜行さん (10/18 0:01)
Re:ねこ遍路巡礼日記 27日目
まみほ (10/17 7:42)
Re:マチアソビ Vol.20に行っ
夜行さん (5/11 18:57)
Re:マチアソビ Vol.20に行っ
あきら (5/11 15:13)
Re:徳島県より〜猫の里親募集
夜行さん (4/11 20:38)
一覧を見る
高野山 四国霊場八十八ヶ所 お礼参り
夜行さん
2019年06月13日 18:36
四国霊場八十八ヶ所 高野山 お遍路さん
こんにちは夜行です。

 四国霊場八十八ヶ所を攻略したあとは、四国を抜け出し「お礼参り」をする習わしがあります。




「お礼参り」の行き先は、和歌山県「高野山 奥の院」
今でも、お大師様が仰臥されているという場所です。




 





 それでは今回は猫達と四国霊場八十八ヶ所巡礼シリーズお礼参りの旅。(ฅΦωΦ)ฅ
こよみちゃんとゆきちゃんと一緒に和歌山県 高野山の旅におでかけしましょう。









スマホがまだ登場していない頃からの名残りですが、毎回BGMを用意してあります。
*音量注意でお願いします。最初に広告がはいるかもしれません。
https://www.youtube.com/watch?v=a0-YSisOUXE





















 高野山とは、標高1000m級の山々が囲む山上の盆地に開かれた宗教都市です。
今から1200年以上前の弘仁7年(816)に弘法大師によって開かれた、真言密教の根本道場がその始まりです。

 なんせ、山全体が町であり、霊場であります。
中々全てを巡ることはできませんが、各随所で紹介していきます。






やってきました『壇上伽藍』(だんじょうがらん)

まずは『中門』から

 江戸時代、天保14年(1843)の火災で惜しくも焼失した中門。
高野山開創1200年を記念して、172年ぶりに再建されました。

門には四天王像が結界を守っています。










中門をくぐって進むと正面には『金堂』です。

弘法大師の開創当時に創建されました。
高野山の総本堂として重要な行事のほとんどがここで行われているのだとか。
中はすっごくきらびやかですよ。御本尊は薬師如来。










真言密教のシンボルとして日本で最初に建立された多宝塔。
『根本大塔』(こんぽんだいとう)なんと高さ48,5m

 ここでは胎蔵界の大日如来と金剛界の四仏を安置する内陣を拝観できます。
と、言ってもなんのことだか難しいですよね。
真言密教にはいろんな世界観がありまして、それらを曼荼羅や立体物で説明してくれている感じです。









こちらは根本大塔によく似ていますが、『東塔』といいます。

 天保14年に一度焼失していますが、昭和59年に再建されています。


手前に『東塔』があり、奥に『根本大塔』が見えます。


こよみ「観光客が大勢集まってきたので、撮影会しましたよ」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『金剛峯寺』(こんごうぶじ)の前で記念撮影です。

 高野山のほぼ中心地にある金剛峯寺は、高野山一山の総本山です。
ここでも納経をしてきました。

ー合掌ー








 いよいよここからが『奥の院』です。
始めに見えるのは『一の橋』

弘法大師がこの橋まで出迎え、見送ってくださるといわれています。合掌一礼

これより橋をひとつ越えるたびに異界へと霊界へと足を踏み入れる事になります。



 目的地の御廟まで2km、一の橋から中の橋、御廟橋の3つの橋を渡りながら参道を進みます。
樹齢数百年の杉木立に囲まれながら進む参道沿いには、無数の供養塔が並び、戦国時代の武将や歴史的著名人の墓碑巡りができます。











奥の院七不思議のうちのひとつ、『数取地蔵』

 参拝者が奥の院にお参りした数を数えて、その人が地獄に落ちたときに、閻魔大王に伝えて罪を軽くするようにとりなしてくださいます。

ゆき「まずは一回目の御挨拶です」










 武田信玄公のお墓の前でひとやすみです。


こよみ「人が大勢集まってきたので、ここでも撮影会です。」











左上 武田信玄公 勝頼公 霊廟
右上 上杉謙信公 景勝公 霊廟
好敵手だった武田信玄の向かいに見下すように存在します。

左下 石田三成公 霊廟
右下 明智光秀公 霊廟












『中の橋』

正式名称は手水橋。ここから先は死の世界という意味があります。合掌一礼

橋の奥に見えるお堂には、奥の院七不思議のうちのひとつ『汗かき地蔵』があります。

ちょっと暗くて、中まで写りませんでした。

汗かき地蔵は、水滴がついて汗ばんでいるようにみえるちころから、人々の苦しみの身代わりになっているとの言い伝えがあります。








奥の院七不思議のうちのひとつ『化粧地蔵』

お化粧をしてあげると願い事が叶うのだとか。

こよみ「にぼしがたくさん食べたいです」

健康によくないからダメです。













仲良くくっついたお地蔵様、『仲良し地蔵』です。


ゆき「いつも仲良し。わたしたちみたいですね」











左上 豊臣秀吉公 霊廟

左下 織田信長公 霊廟
織田信長は長らく場所が不明でしたが、近年になってから御廟橋の近くにあると判明されました。




 参道沿いには有名な武将や多くの企業、そのほか様々なお墓が、ここには二十万基以上あります。
厳かで神秘的な雰囲気が辺りに充満しています。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 奥の院、最終エリア御廟橋。ここにたどり着くと、この先は撮影禁止エリアです。


このあとは『大師御廟』で納経をして、これまでの旅の報告をいたします。
そして納経所で御朱印をもらい、かねて満願という流れです。
ずいぶん端折りましたが(笑)



たくさん撮った写真もアーカイブでは20枚しか貼れないので、なんとか厳選しないといけません。







お遍路ゆきちゃん。

白衣姿がよく似合いますね。
これは危険で長い旅に挑む意思表示で、死に装束をあらわします。

実は自分も猫達と同じ格好でずっと旅をしていたんですよ。











お墓以外にもたくさんの供養塔や、お地蔵様の姿があちこちに見られます。

どれもかわいらしいのが多いです。


ゆきちゃんが自分と同じくらいの大きさのお地蔵様を見つけました。


ゆき「こんにちはです。何をしているところですか?」











左上は奥の院の御朱印です。
四国霊場八十八ヶ所巡りで使っている御朱印帳がそのまま使えます。

たくさんのお墓があります。
これだけの墓石があるのは、昔からお大師様の下で眠ると、浄土へ行けると信じられてきたせいなのだとか。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 四国に住んでいますと、日常的にお遍路さんを多く目にします。
まるで心臓に血液を送り込むかのように彼らは四国を巡礼します。
今日もどこかで、明日もどこかで1200年の間、休むことなくお遍路さんは四国を巡ります。
それらは四国の風景に溶け込み、たくさんの足跡を残していきます。

その多くの足跡の中に自分と2匹の猫達の足跡が加わります。
八十八ヶ所を全て回った猫の記録は1200年の長い歴史の中でこれまではありませんでした。

そんな中で、こよみちゃんとゆきちゃんが結願(八十八ヶ所を全て巡る事)猫、
第1号と第2号になる事ができました。
猫達と撮影器具と参拝装備一式を背負っての旅の道のりはとても長く、険しいものでした。

新しい町に立ち寄るたびに、たくさんの応援をいただいて、
日々少しずつ前進して、とうとう結願する事ができました。

これを見てくれている皆様には、是非 猫達と一緒に旅をしている気分を
味わっていただけたらと思います。


 今回は最終目的地の高野山までたどり着き、満願を果たしました。
いったん旅は一区切りしましたが、巡礼はまだまだ続きます。
おそらく生きているかぎり一生続きます。
生きているかぎり修行なのです。







ねこ遍路巡礼日記 発心編 1~23番札所 まとめはコチラです。

http://www.cosp.jp/profile_diary.aspx?id=167494&pi=6967367




ねこ遍路巡礼日記 修行編 24~39番札所 まとめはコチラです。

http://www.cosp.jp/profile_diary.aspx?id=167494&pi=6974060




ねこ遍路巡礼日記 菩提編 40~65番札所 まとめはコチラです。

http://www.cosp.jp/profile_diary.aspx?id=167494&pi=6981126




ねこ遍路巡礼日記  涅槃編 66~88番札所まとめはコチラです。
https://www.cosp.jp/profile_diary.aspx?id=167494&pi=6995885




最後までありがとうございました。

こよみ「ありがとうございました。」

                    令和元年 夜行&こよみ&ゆき

マイニュース
・日本とイラン 24日に首脳会談
・キリッ 猫のお巡りさん初仕事
・米補佐官後任に国務省高官
・韓国 日本語サイト開設し主張
・池袋殺人 男「手で首絞めた」
・小4遺体 別の場所で殺害か
・大迫が「重いけが」長期離脱?
・でんぱ組・古川 漫画家と結婚
・コスプレサミット日本代表チーム決定!
・ごみを拾って無料コスイベ
・6月のおすすめイベントを紹介