会員登録ログインメンバー検索
<<  2018年06月  >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
俺たち、Claps!、始めました
【お知らせ】コミックマーケ
【お知らせ】"写真家綾瀬凛
3D撮影体験してきました! #3
君はInfini-T Forceを見たか
過去の日記へ
Re:【お知らせ】"写真家綾瀬
Abflug (9/22 22:23)
Re:君はInfini-T Forceを見た
yutajin (12/8 22:51)
Re:君はInfini-T Forceを見た
装℃ (12/8 19:03)
Re:君はInfini-T Forceを見た
yutajin (12/5 1:53)
Re:君はInfini-T Forceを見た
LIMO (12/4 21:23)
一覧を見る
3D撮影体験してきました! #3Dsnap
yutajin
2018年06月21日 00:00
3Dsnap 3D撮影
 先日twitterで「3Dサンプル撮影したいレイヤーさんいませんか!」という募集を見かけました。
「なんじゃそりゃ!超面白そう!」と思って、衣裳担いで行ってきました。

 お邪魔したのは新宿にある、CCCフォトライフラボさんのスタジオ。
 到着して受付後、スタジオと同ビル内の会議室をお借りして着替えた後、スタジオ内に設置された3Dスキャナで撮影を行います。今回はスタジオ内での撮影でしたが、3Dスキャナ自体は移動可能なんだとか(実際僕らの撮影体験の直前には、幼稚園へ持ち込んでの撮影を行っていたそうです)。
 そのお時間、1ショットにつきわずか1/200秒。
 撮られてる側としては普通に写真撮る感じと変わらない(シャッター音もある)のですが、周囲360度を取り囲む102台のカメラが一斉に撮影を行い、それをもとに3Dデータを作成するんだそうです。

 このスキャナ自体がメカっぽくてちょっとかっこいい。

 撮影にあたって、何点か注意事項を頂きました。
・目線はどこでもいい(周囲をカメラに囲まれてるので、「どこを向いてもカメラ目線」になる・笑)のですが、なるべく遠くを見るようにする方が自然な表情になる
・撮影範囲は90cm*90cm*200cm(ただし多少ならはみ出てもOK)
・足元はあんまり映らない
 また、撮り終った後に伺ったのですが、シャッタースピードの都合上、ジャンプなどはブレが大きいので難しいとのこと。

 102台のカメラで撮影されたデータは、カメラに接続された1台のPCに収録され、そこからある程度自動的に統合されて一つの3Dモデルになるとのことですが、マシンパワーも、撮影データを保存する記憶装置も必要とされるので大変な処理とのこと。
 さらにそこから、撮影データからのモデル生成では欠けた部分を補っていく作業が行われ、必要があればここで調整することもできる様子。
 ……と、撮るまでも大変ですが、撮ったあとも様々な手間をかけて、完成するのがこんな感じ。

 マフラーがたなびくような形になっているのは、スタジオ側のスタッフさんのご提案で、糸によって釣ってもらっているからです。
「マフラー、ふわっとできますよ!やります?」って言われたら「マジすか!やります!!!」って言っちゃいますよねーw
 マフラーを軽くて糸目の荒い記事で作っといてよかった……w

 しゃがみポーズも大丈夫ということなので、そちらも撮影。

 いい感じかな?と思うのですが、角度によっては写真ではごまかしきれない体形のアラとかも見えちゃいますね……(苦笑)
 また、足元はやはり精度が落ちるらしく、地面についた手の、指の形が割と判然としない感じになってしまいました。握りこぶしならまた違ったかなあ。

 また、基本的には3D撮影のみでそれ以上の加工は行われないのですが、撮影した3Dデータにボーンを入れ、可動モデルにする(=好きなポーズ取らせたりアニメーションさせたりする)ことも可能ということで、それに使えるような撮影もしてもらいました。

 今回僕がコスした"009 RE:CYBORG"は3DCGアニメだったので、公式設定資料集にもモデリングしてから動かすまでの過程とかが紹介されてるんですが、

まさかこのポーズのコスすることになるとは思わなかったよね!w

 撮影してみての感想としては、撮影自体はとってもスムーズで、ポージング自体もいつものコスプレとそう変わるものではないのですが、撮ってもらった後のデータの取り扱いが普段と違うなと。
 なにぶんレタッチも難しくて(笑)、今回で言うと衣装のフロントに接着剤の跡がついちゃってるし、僕の頭蓋骨はあまり横顔がきれいじゃないんですけど、そこの修正も大変。
 上に貼ったアニメーションgifは、画面をいったん連続キャプチャした後、1枚1枚手作業でレタッチしてます。大変だった……

 撮影データは、.objファイル形式でダウンロードさせていただける他、以下のサイトでブラウザ上で回したり好きな角度から眺めたり、アップにしたりできます(2018年6月30日まで)。
https://3dsnap.jp/e0015/41bfd20a38bb1b0bec75acf0845530a7
 せっかくなので、ぜひぐるぐる回して遊んでみてください。

 また、3Dプリンタで出力して、フィギュア化することも可能とのこと。
 ……というか、現状この3Dsnapという事業の唯一のマネタイズが「フィギュア化」らしくて、どう考えても大変かつ消費リソース半端なさそうな撮影も、撮るだけなら「今のところは無料」らしくて、なんていうかCCCフォトライフラボの皆様が心配になってしまう……
 アイディアはいろいろ思いつくんですよ。
 撮影データをもとにして、立体視のコスプレ写真作ったり。
 CGソフトに取り込んで背景作りこんで、普通のコスプレ撮影じゃできないような画像にしたり。
 ボーン入れてMMDで踊らせるとか。
 VRチャットのアバターにするとか。
 可能性は無限大なんでいろいろ遊んでみたいんだけど、悲しいかな技術力がおっつかない……(苦笑)。
 この辺確立できれば、「お金を払ってでも撮影してほしい」と思えるようになるんじゃないでしょうか。
 さらに、現状の「フィギュア化」に関しても、正直自分のフィギュアが欲しいかっていうと若干微妙なんですけど、他人のは欲しい……
 例えば、タレント業やってるような有名レイヤーさんのファンアイテムとかなら「お金出して買いたい」って人もいるでしょう。
 クオリティの高いレイヤーさんをそのまま3Dスキャンして、そのキャラのフィギュアにして、ワンフェスで一日版権取得して頒布するっていうのも、新しい造形の形として面白いかなって。

 そんなわけで、気になる!やってみたい!という人はこちらからドウゾ。
https://3dsnap.jp/
 また、twitterでハッシュタグ「#3Dsnap」を検索すると、僕以外の人の撮影した3Dデータとかもちょっと見られたりして面白いですよ!

 ……僕も.objを扱える3Dソフトとか勉強したら、なんか面白いことできるようになるかな……

マイニュース
・教え子監禁 わいせつ目的供述
・日中「永遠の隣国」確認へ
・冨安8億円でボローニャ加入か
・下着名KIMONO 文化侮辱の声
・入江 闇営業ギャラ独り占め?
・大雨 28日朝までに台風見込み
・G20 大阪などの交通規制情報
・DJも 芸人SNOBゆかさん急死
・ごみを拾って無料コスイベ
・6月のおすすめイベントを紹介
・レイヤーから声優デビューへ