会員登録ログインメンバー検索
<<  2018年12月    
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
人間により近い再現性と理想
リアラブドール本物のドール
過去の日記へ
一覧を見る
人間により近い再現性と理想のラブドール
dxdoll
2018年08月04日 16:57
「ラブドール」はかつて「ダッチ?ワイフ」といわれ、もともとは性具として誕生したという歴史をもつ。そんなセクシャルな役割をもった人形が、日本において世界最高水準の技術と芸術性で独自の進化を遂げ、現在のかたちになったのだという。
https://www.ai-doll.com/
「日本の技術のおかげで、性具がもはやアートの域をも超えて、こんなにも素晴らしく精巧な工芸品に昇華してしまった。これはやっぱりすごいことなんですよ」と、篠山は語る。改めて進化したラブドールのクオリティに驚嘆する篠山紀信。その上で自身の作品は、表現や撮影のアプローチの面で愛好家のそれとは全く異なると語った。
https://www.ai-doll.com/sizedoll/155cm.html
「ラブドールを偏愛している人たちが撮る写真はライトもしっかり当てて、ダッチワイフだと分かるように撮影しているんです。でも僕の場合は、一人の女性を大切に扱うように愛をもって撮っている。だからライティングもなるべく自然に近い状態で、顔の向きや角度なんかも本当に微妙なところを探りながら、シャッターを切っているんです」
https://www.ai-doll.com/sizedoll/158cm.html
聞けば確かに、篠山の作品からはセットや表情などを作り込んだ雰囲気は感じられない。そのかわりドールたちはただその場所に、そっと佇んでいる。うつむき加減でそっと視線を落とす表情は、果たしてドールなのか、それとも人間なのか? 妙にリアリティがあって、不気味でもあるその姿は、生死の境を見紛うほどに美しい。



マイニュース
・中国 米国車の関税引き下げへ
・携帯4社の設備 中国製排除へ
・警察無線の音声投稿 男が出頭
・前澤氏 球団保有いったん断念
・新在留資格 まず8カ国で試験
・ヤマハ発 乗用車の参入凍結
・ポスト首相候補 足場作り模索
・草なぎがマッチョ化 驚きの声
・レシピ共有する新サービス
・12月の人気コスイベを発表!
・レイヤーが主役のドラマ放送