会員登録ログインメンバー検索
<<  2019年11月    
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
       
「コミケにおけるサシャ問題
私の「コスプレ論」B
私の「コスプレ論」A
私の「コスプレ論」
喫茶トワイライトでのバイト
過去の日記へ
Re:私の「コスプレ論」B
閣下@最後の希望 (6/22 14:57)
Re:私の「コスプレ論」B
閣下@最後の希望 (6/22 13:22)
Re:2/5ドームチケット
閣下@最後の希望 (2/2 21:15)
Re:2/5ドームチケット
閣下@最後の希望 (2/2 5:35)
Re:2/5ドームチケット
瑛人@元雪那 (2/1 22:23)
一覧を見る
新しい日記順で 1件〜10件を表示次を表示 >>
「コミケにおけるサシャ問題に対する個人的な考察」
閣下@最後の希望
2019年08月20日 15:16
「コミケにおけるサシャ問題に対する個人的な考察」
時間もたったし話を掘り返すのもどんなものかと思ったけど
取り合えず記しておこうと書く事にしました。

サシャ問題とはコミケにおいて進撃の巨人のサシャの仮装をハイレグで行い
まぁ作中でサシャはハイレグになった事は無いし
露出するようなキャラでは無いので
そんな方にサシャの仮装でコスプレと名乗って欲しくない
と言ったツイートが炎上したものですが

コミケットのポリシーにこういうものがあります
「コミケと言う場ではその性質上、多種多様な表現が行われており
その表現の中には貴方の意に添わない(嫌いな)表現を行われている事もあります。
コミケは表現において自由な場であり
マンガ、アニメ、etc.のファンの交流会の場で在り続ける為に
自分の嫌いな表現にも理解し歩み寄る努力をしましょう」
と、言うものです。

つまり、会場での露出ルールを守っているならば
ルール上は特に問題は無く
そのキャラはそんな扮装はし無いと言うのは
その人個人の感情論に過ぎないと言う事になります。

しかしながら自分がどう思ったか?をツイッター上で呟いてはいけないか?
と、言えばそう言う訳でもなく
この問題が炎上したのはその呟いた人と同じような気持ちになった人も少なくは無い
と、言う事だと思います。

では、どんな部分に引っかかったか?と言うと
作品も良く知らないでの露出のアレンジが
「ファンによる仮装参加のアレンジ」では無く
「知名度が高い作品を利用した売名行為」に見えたからでは無いでしょうか?

おそらく、これがコスプレでは無くただの仮装と言えばここまで炎上はしなかったと思います。
つまり、「コスプレとはファンによる仮装表現である」と思っている人が少なくは無い
と言う事だと思うのです。

何故ならばコミケ会場はコスプレ以前に
マンガ、アニメ、etc.のファンの祭典でありファン同士の交流会の場である
と言うのが基礎にあるからです。

もちろん、ファンの祭典だからといってファン人以外が来ちゃ行けない事無いし
その場のルールに従っているなら表現していけない訳ではありません


もしも、コスプレが仮装となんら変わり無い物で全ての仮装がコスプレだとするならば
コミケがもうファンの交流の場でも祭典でも無いのであれば
「同士と思われたくない」
つまり、参加者意識の崩壊を意味します。


私が私のコスプレ論で語っている部分で「コスプレとは心の在り方」と言ってる部分です。
「心の在り方」はルール化出来ません
しかしながら「何を目的として仮装しているか?」は行動に出ます。


噂話の範疇ですが昔からAV女優や小さな事務所のアイドル志望の方や
生活に困っている地下アイドル等がコミケの知名度、
作品の知名度を利用して売名行為の為に来ていると言う噂はあります。

それは、「私利私欲の為の作品の悪用」として映るのだと思います。
こういう方々は自身の夢や生活がかかっていたりするので
注目を集める為ならパンツを見せる事をいとわない方もいます。

そうした方々が居ればコミケは治外法権の場でコスプレはカメラをスカートの中に入れて
撮影しても許される場であると勘違いする人も出てくるでしょう
撮らせているんですしね

今回のコミケでも海外からのレイヤーさんがスカートの中にカメラを突っ込まれたと聞いています。


こうしたことに繋がると考えればルール上問題無くとも
感情論で騒ぎ立てると言うのも解らなくは無いです。


スタッフもボランティアですが最近はボランティアスタッフになりたがる人も減って来たと聞きます。

コミケでは皆がちょっとづつ我慢する
他者の表現を理解するように歩み寄る
そう言うのも参加者意識であり
この考えはコミケだけで無く今後世界と繋がって行く為にも
宗教の違い文化の違い肌の色の違い性別や年齢の違いを乗り越えていく為には
必要な考え方だと思います。

しかしながらその考えに行き着く為には周囲の人達も自分と同じ人間なんだと自覚する必要があるし
その手前で、何の為に誰の為に我慢するのか?理解する必要があるのか?
このキーワードは「同士の為」「同胞の為」「仲間の為」に我慢出来る
と言うのが在るのではないでしょうか?

最近では同じジャンルのコスプレイヤー同士でも仲良く出来無い環境になって来てると聞きます。

コミケの理念にこうあります
「コミケットは場、容器、であるが故に、参加者、本、状況の変化によって
 その内実は変わり続けていくことになります。
 コミケットの変化とは、即、参加者の変化です。」

その参加者の変化がコミケをファンによる祭典で無したのなら
我々ファン人はその場に行かなくなるだけです。
既に我が同胞でコミケもコスプレも変わってしまったから行く気がしなくなった
と言って行かなくなった人も少なくはありません


上記に上げている事は既にそうなりかけている変化であると私は思っています。

前にコスプレで競いたい人と競いたくない人で住み分けをして仲良くすればいいじゃないか
と言うTLを見たのですが何処かで競えば基準が出来る
審査員に有名人や実績や権威がある人が居れば尚の事
基準が出来れば上下が出来るそれを根拠に比べる人が必ず出てくると言う事です。
そんな場になった時、我々ファン人は争いはしません
ここは我々の場では無くなったと黙って居なくなるだけです。
つまり、人が入れ替わるだけなのです。
その入れ替わった人達がファン人で無いならファンの祭典では無くなると言うことです。
入れ替わった人達が済み易い環境に変えて行くだけです。


元はどんな気持ちでコスプレを始めたか?
多くの人は知っていた筈なんです。

カメラに囲まれたり立場が出来てしまったり
長くやっているうちに技術が向上して行ったりすると
その気持ちが解らなくなってしまう事もあるようです・・・(´・ω・`)



話が変わりますが
前にあるレイヤーさんに
「閣下さんは撮影されるから撮影してもらえないレイヤーの気持ちが解らないんです」
と、言われた事があります。

正直、解りません
こちとら同人誌即売会が撮影機材持ち込み禁止が当たり前だった時期からコスプレしているので
撮影目的の為にコスプレしている訳ではありませんからね


ちょっと前にイベント会場で撮影をしているととあるカメラマンに
「閣下さんはまるで記念撮影ばかりしてるみたいですね」
「駄目ですよちゃんと作品を撮らなきゃレイヤーさんに失礼ですよ」
と、言われた事があります。

いや、私は記念撮影してるのですが・・・(´・ω・`)
人の感情と言うのは時と供に変わり行くもの
今、この瞬間の作品やキャラが好きだと言う高まる気持ち
その人のその気持ちの一片でも写真に残せるなら残したい
私はこういうスタイルですが
作品を撮影しないとレイヤーさんを不快にさせるなら
もう撮影は出来無いですね


ウィッグやカラコンをしてないとコスプレでは無いのか?
衣装も素人の見よう見真似の出来栄えではやってはいけないのか?


何時からコスプレはそんな敷居の高い物になったのか?
誰がこんな敷居の高い物にしたのか?


高ぶる気持ちでその人の精一杯の技術で出来たコスプレが
ダンボール被ってガンダムって書いてる物が
コスプレならそれがコスプレでいいじゃないか


人は感情の生き物であり
愛情も友情も眼には見えない物です。
眼に見えなくとも確かにここに在る物と言うのがあります。

それが感情論でしか語れないものであるなら
感情論も無視してはいけないと思っています。


そして私が同人イベントやコスプレを通して伝え残して行きたいものって
そうした眼に見えないものであり
「人の思いの力」だったりするんですよね

私の「コスプレ論」B
閣下@最後の希望
2019年06月22日 12:57
そもそも、広域の意味でのコスプレと仮装の違いはなんなのか?
と言う疑問がありあす。

銀行強盗が正体を隠す為、ヒーローの扮装で強盗してもそれはコスプレなのか?
ニュースにはコスプレ強盗と見出しが出るのか?

私達の界隈でよく聞くのが「作品に愛が無ければコスプレじゃない」と言う台詞があります。
愛とは相手を思いやる気持ちでは無いでしょうか?
それがコスプレなら作品を思う気持ちであり
コスプレしながらの行動は自分の欲望を満たすのでは無く
「この行動は作品の為になっているのか?」と、考えられるか?では無いでしょうか?
私は愛とは本能では無く理性だと思います。
つまり、それはルールなどに縛られなくても
作品を思う心がちゃんとあれば自主的に行うマナーに繋がると言う事です。


著作法違反とは申告制です。
つまり、相手が申告すれば著作法違反になるけど申告しなければ著作法違反にはならないのです。
で、あるならば権利側はどんな事をされたら申告したくなるか?
を、考えれば「自分の作品を大事にしてくれている」「愛がある」と感じられれば
私なら申告はし無いですね。
でも、己の利しか求めず良い様に一方的に無断で利用してたりしてれば申告したくなります。




私的には「コスプレとは何か?」「仮装とは何が違うのか?」こうしたライン引きが出来なければ
上記のような強盗が出たとき
「コスプレと見出し出せば注目を集められる」と良い様に利用されるだけであり

大多数の人のコスプレの認識がそう言うものに刷り込まれて行きます。


そうなった時、コスプレと題した悪いニュースや情報が多くなれば
過去にあったオタク差別のような環境に戻らないとも限りません


現在の国内のコスプレイヤーの人口はおよそ10万人を超えると聞いてます。
コミケも3日間に60万人の人が出入りすると聞いています。
ある程度の社会的地位を持つようになりましたが
日本の人口は1億2千万ほどあるのですよね
我々はまだ総数で見れば弱者である事を自覚しておかないといけません

社会の多くの人がそれは「毒である害である」と認識すれば
排除運動は起り少数派は排除されるのですから

その昔、悪書追放運動と言うのがあって
漫画は毒であり害であるので子供達を守る為に漫画を追放しようって
運動が世界的に実際にあったのですよね
校庭に漫画を集めて焚書とかあったのですよ
これを行う人は「正義の為」と思って行うのです。


日本が漫画アニメ大国になれたのも
こうした運動に打ち勝ったからであり負けて漫画文化が無くなったという国もあるんですよね






故に私的に未来にコスプレの文化を残したいのであれば線引きは必要だと考えています。

何故ならばコスプレの名称に多くの人はエロイと言う印象と期待を持ち
それによる注目を容易に集め易く宣伝媒体として利用し易く
そらが不順、不正、いかがわしいと
不都合があれば容易に切り捨てる事が出来る媒体と言う認識をしてるのだと
私は判断するからです。

そのイメージを変えて行く為には線引きが必要と考えています。

私の「コスプレ論」A
閣下@最後の希望
2019年06月22日 12:46
私達の界隈の日本のコスプレの発生はSF大会と言うイベントでサークル参加の人が
自身のサークルを目立たせる為に
作品のキャラの扮装をしたのが始まりでは無いか?と言われています。


後にファンロードなどのアニメ雑誌を通しコミケの存在やコスプレ等が
ファン達の間で認識されるようになって来ました。

この頃の紹介ではまだ「オタク」と言う名称や「コスプレ」と言う名称は使われてなく
コミケに集まる人達を「漫画・アニメのファン人」
コスプレする人達を「アニメ・漫画ファンによる仮装参加者」と、呼ばれていました。

おそらく、コミケの準備会側が便宜上そう命名して
雑誌やTVの取材も通して広がったものと推測しています(ソースはありません私の推測です)

その同人誌即売会の中でもコスプレ参加を反対する声が初期には大きかった時代があります。
コスプレ反対派は何故反対したかと言うと大雑把に言えば
「コスプレイヤーのマナー問題」です。
(勿論、他にも幾つかの理由はありますが大雑把に言えばと言う事です。)

当時はそもそも同人誌即売会なので更衣室も用意されてませんでしたし
コスプレはゲリラ参加だったのでコスプレの管理する人も居なければ
ルールもありませんでしたしね

地方のイベントでは同人誌即売会の会場を借りれなくなる原因を作るのも
大抵はコスプレイヤーが原因でした。

これは、現代のコスプレイベントやロケ地でも同じような事が起こっていませんか?



上記のような理由もあり
同人誌即売会運営側も管理と言う面で手間と言うのもあり
同人誌即売会の主催者によってはコスプレ全面禁止と言う所も少なくなかったのです。

逆に言えば同人誌即売会でコスプレ可能だったイベントの方が少なかった
と、言う事です。

つまり、コスプレと言う文化は絶滅の道を辿ろうとしていたのです。


そこで、当時のコスプレイヤー達はネットも無かった時代に
同人誌即売会にコスプレと言う文化を残すべく
お互いに声を掛け合ってマナー向上に努め
イベントの運営や参加者に理解を求める運動をしたのです。


私達が地方でやっていたのは
同人誌即売会があると聞いた会場に早めに集まって運営さんが会場入りする時に声をかけ
早めに到着したので机並べや準備手伝いますよ。って言って手伝ったりして
その後に今回コスプレ衣装とか持って来てるのですが
この会場でコスプレさせていただけませんでしょうか?とお願いしてたのです。
ゲリラ参加はしないようにしよう。ちゃんと認めて貰えるように勤めようとしたのですよね。


運営さんにもサークルさんにも言っていた事は
同人誌即売会の基本概念はファンの集いであり交流の場である
運営はその場を提供し
サークルは自分の作品が好きだと言う想いを絵や本にして表現します。
私達コスプレイヤーはそれが布に変わり自分の身体全体を使って
作品が好きだ!と言うのを表現している仲間であり同士なのです!
どうか、私達を貴方達の仲間であり同士であると認めてここに居させて下さい!
と、訴えて回っていたのですよね。



場所場所によってそういった活動してた人達が後にコスプレを管理する運営側になったり
新人コスプレイヤーに同人誌即売会の成り立ちやマナーへの考え方や活動を伝授したり
そうした世代交代が激しい世界であったけど
先輩後輩で受け続けてきたバトンと言うのがありました。


同人誌即売会会場では初対面の人も多く皆対等の立場です。
新人さんがテンション上がって騒ぐ暴れると言う事も多々あります。
そんな時に彼らの一番のブレーキになる言葉は
「君の大好きなキャラは皆に迷惑をかけるようなキャラだったかな?」
「私達が羽織ってるのは布じゃない。作品の看板を羽織ってるだと言う事を忘れないように」
「作品には「力」がある。オリジナル作品では大半の人は見向きしないのだから
それは自分の力では無くお借りしている力なのだから使う時は気を使わなければならない」


最近TLで見たのだけど
電車で女の子がガバーと走ってきて靴のまま座席によじ登ろうとしたら
直後に追いかけてきたお母さんが「○○ちゃん!電車ではプリンセス座りよ!」
って言ったらその子がハッとしてお利口に着席した。
と言うのがありました。

年齢に関係無く私達は心にヒーロー・ヒロインが居れば
悪い事はし無いのです。
これも、「心の在り方」の1つです。




同人誌即売会ではファン表現では無いコスプレもコスプレ参加をコスプレとして認めています。
何故ならば「心の在り方」等は眼に見えなくルール上ラインが引けないからであり
同人誌即売会のもう1つの顔として「個々の表現の自由を認める」と言うのがあります。


で、あるが心の在り方は人の行動と言う物に出ます。
最近、各イベント会場やスタジオやツイッター上でも色々と問題が上がってきていますね


言葉と言うのは発進側と受信側が同じ認識をしていないと伝わらないものなのです。
個々が個々のコスプレ論を自分の都合の良い様に展開すれば
荒れたり矛盾が生じたりするのはるのは必然です。


コスプレと言う名称は昔からあったので
昔は一般では性風俗のコスプレと混同される事も多かったです。
(ナース服、スチュワーデス、セーラー服等)

インターネットが普及する頃
コスプレイヤーがホームページを持ち始める時代は大抵
「コスプレが趣味ですが性風俗のコスプレではありません」って一言があったものです。

芸能人が○○のコスプレで応援に来たと言うの見たりします。
仕事でやっていてもコスプレなら
ヒーローショーのスーツアクターの方々もコスプレなのでしょうか?

私達は営利を目的とし無いファン活動をしているなら
同人誌即売会発生のコスプレイヤーからすれば
金儲けや仕事でやるならそれは我々の理念のコスプレとは違う物です。

「(直接、金銭のやり取りはしていないコスプレは同人誌とは違う)
と言う主張もあるかもですが注目を集めると言う意味でも
著作物を扱うのであればアウトの事例はあります。」



ファンとは作品や同じ作品を好きな人達を大切にする人達の事であり
私達は自分達より作品を優先する人種なのです。



もしも、多くの人がコスプレとはファンによる仮装表現であると認識したなら
その行動で「ああ、あれはコスプレじゃないよ。ファンのやる事じゃないもん」
と、なるでしょう。
野球でも優勝したチームのユニフォームを着て川に飛び込む人が居ても
「アレはファンじゃない」と、認識しますね。

文字や名と言うのは時代と供に意味を変える事が有ります。
何故、コスプレが今のようになったのか
長くなるのでここでは書きませんが私はおおよそ把握してるつもりです。

今後もこのまま著作物を扱うこの文化を未来にのこして行く事が出来るのか?
私は今のまま膨張すれば無理だと思っています。
何時の日か同人イベントであったようにマナー問題や矛盾問題から
大きなバッシングがあり表現する場を失っていく所から皮切りに
徐々に衰退して行くと予測しています。


あくまでこのままではと言うこと
未来を選ぶのは今の私達なのですよね



過去に何度かファンによる仮装表現のコスプレと
それに類し無い仮装に名前を付けようと試みた事はあったのですが
どれも定着しなかったのですよね

予想するにそれに類し無い仮装する人達は「その仮装はコスプレでありたかった」
と、推測しています。
何故コスプレで在りたかったか?

他にも幾つか候補はありますが
私が推測するに「ファンによる仮装表現のコスプレに憧れたから」では無いでしょうか?
その昔、自作する人しかコスプレ出来なかった時代に
サバイバルゲームの扮装で自分はコスプレイヤーだと主張して
仲間に入りたがってる人達が居ましたしね。


何故、コスプレに憧れたか?
輝いて見えたからだと思います。
何故ならそれはクォリティとかでは無く
人が自分の在りのままの姿や想いを表現していたからだと私は思いますよ。

人は光の反射だけでは無く人の想いを感じ取る事だって出来るのですから


故にコスプレは
クオリティや写真の出来や衣装を着ただけや成り切りなど関係無く

「素人のファンがその想いを形にした物であり
心の在り方が伴わなければコスプレでは無い
と言うのが私のコスプレ論です。」

コスプレする方の多くから「コスプレに救われた」と言う台詞を良く聞きます。
それはコスプレの何に救われたのでしょうか?
友達が出来た、注目されるようになった、写真を沢山撮ってもらえるようになった
いろいろあるでしょう
でも、もっと他に心の奥底にあるのではないでしょうか?



私達コスプレイヤーがファン人であるならば
ファンと製作側がより良い関係を築き
双方に利害関係にあり共存関係になりその相乗効果により
より良き未来に進む
そう言うものだと思っています。
つまり、私達が目指すべき未来と思っています。


どちらかの心が失われれば
どちらかの搾取になってしまう。

そうなれば、我々は自分の尾を食う蛇となり
それが永久機関でないのならば結果的には自らを滅ぼす事になるでしょう。


ガンダム秘話でも
富野さん始めスタッフが生成も伸びずスポンサーから叱られて
精神的に苦しい時でもそれを支えたのはファンの声だったと聞きます。


日本に行きたい人応援団で
海外のタミヤファンの人がタミヤ本社に来たお話がありました。

私はこれこそ製作側とファンの理想とする関係だと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=ik1Yhl8Yflk

私の「コスプレ論」
閣下@最後の希望
2019年06月22日 12:41
これは、私のコスプレ論です。

まず、コスプレと言う名称は元は舞台劇の専門用語であり
同人誌即売会の発足前からあった名称です。

ですが、一般的に広がったコスプレと言う名称は
同人誌即売会発祥のコスプレとしての認識が広がっていると思いますので
私がこれから語るコスプレ論は「同人誌即売会発祥のコスプレを意味します」


同人誌即売会発生のコスプレとは簡単に言えば
「ファンによる仮装表現」であり
他のコスプレと大きく違う面は「心の在り方」だと思っています。


この「心のあり方」と言う部分が実はとても重要な部分だと考えています。


ここから文章が少々長いので長文を読みたくない方は
「コスプレ=ファンによる仮装表現」とだけ覚えて貰えればOKです。

喫茶トワイライトでのバイトの子
閣下@最後の希望
2019年03月25日 21:27



はい、バイトの現役コスプレイヤーの「はんぺん」さんが
整体を習得したので 毎週、木、金、土曜と(日曜は不定期)で
18時〜21時にお店にいます。
整体は約40分くらいで全身マッサージになり 1回3500円
うち、1回の1500円がはんぺんさんのお給金になりますので 宜しくお願い致しますね(^^)





正直、現代ではこう言う門構えのお店でコスプレイヤーが整体となると
世間の印象ではエッチな事をするんじゃないか?と言う偏見があるとお思っています。
しかしながら私はそう言う社会のイメージを変えて行きたいと思っています。
何故ならば本来アニメや漫画は中高生を中心とした子供達から盛り上がっていくものなのに
漫画やアニメを題材としながら大人しか入れないようなお店が増えているからです。

それはそれでそう言うカテゴリーがある。
と、言うだけでそうでは無いちゃんとした所もあるんだ
と、やって見せていく事がそのイメージを変えて行く第一歩と考えています。
今はまだそう言う風当たりが強い時期だと思いますが
上記の事をはんぺんさんにはちゃんと伝え
最初は大変だろうけど一緒に頑張ってくれると言って下さいました(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

私は日本から出来るだけオタク差別を無くして行きたい。

広大な大地に作物を大量に生産する事が出来ない我が国は
漫画やアニメやゲームなどゼロから作り出して行く技術などが
私達の生活を豊かにし夢を現実にして行く事で人類を発展させて行くものだと信じています。

好きな物を堂々と胸を張って好きと言え 好きな事に夢中になって
オタクの人達にその道を極めて欲しい
これは世界に誇る日本の職人達がそうあったようにです。
先ずはその環境作りです。(*´ω`*)


楽園に居るのならここにおいでと誘えるが
荒野に行く時は一緒に行こうとは誘えない
共に行くと言う意思があるものとしか一緒に進めない

はんぺんさんには本当に感謝しています。

喫茶トワイライト復興の為に
閣下@最後の希望
2017年11月20日 13:53
この日記はアーカイブのメンバーにのみ公開されています。
喫茶トワイライト近況報告その2(営業日・営業時間の変更)
閣下@最後の希望
2017年06月18日 15:22
とりあえず、就職先が決ままりました。
日.祝お休みの所なので喫茶トワイライトの営業日は
日・祝のみ(平日お休み)
土曜の20時の食事会は予約制
営業時間は日・祝の朝10時〜20時を予定としています。

なにぶん全て1人でやっている物なので暫くはこれで様子を見ていく予定です。

喫茶トワイライトの近況報告
閣下@最後の希望
2017年06月14日 13:51
現在、喫茶トワイライトは経営的にかなり厳しい状況にあり
月々の支払いの額と収入でマイナスが続いておりまして
現状のまま運営して行くことは困難と判断いたしました。

お店の売り上げが上がらなくても私がバイトをしてでも支える
その覚悟でやっていましたがバイトに出た分また客足も減り
結局のところマイナスをカバー出来ませんでした。

私が喫茶トワイライトをオープンするにあたって
人口爆発したコスプレ趣味が野外活動などするようになり
多くの一般の方々にも目に触れるようになって来た現在で暴走しないように
同人イベント発祥のコスプレとはどういう物であるか?
アニメや漫画やゲーム、それに対して私達、オタクと言われる人達が
同人誌即売会会場でどのような思いをもってどのような活動をしているのか?
それを、今後の後継者達と一般の方々に広く正しく伝え理解して頂く事で
共存とそのエネルギーを社会貢献に使っていく、その情報交換や道しるべとしての
役割をにないたいと思っていました。

日本と言う資源の無い国が何故、世界でも2番目から3番目に豊かな国で居られるのか?
それを支えていた物な何なのか?
世界は日本に学ぶ事が多くあり
日本は同人誌即売会に学ぶ事が多くある。

それはこの先の未来で人がどうあるべきか?
文明人としてどう発展して行くべきなのか?
その答えはコミケがその未来の縮図であり模倣であり希望であると
私は今でも確信しているからであります。





なので、お店はお店として始めましたが目的は金儲けでは無く
そうした事を「伝え集う場である事」であればいい
運営が成り立たなかったのは私が経営者としての手腕がその域に至らなかった
という事。

最近お店に来ていたお子様が私がお店を通してやろうとしてた事
そして、現状のままではお店が続けられない事を告げると
私がやろうとしてる事に感動して泣かれてしまい
その子の夢が高校生になったらこのお店で働きたかったと、告げられ
私も胸が痛くなるやら熱くなるやらでした。


現在、私は就職活動をしています。
一応、平日は普通に働いて日曜・祝日だけでもオープンしたいと思っていますが
私も年齢が年齢なので就職もなかなか見付からないので
就職先によっては最悪は閉店も覚悟しています。


私がやろうとしている事は必ずしもお店が無いと出来ない事ではありません
水はどんなにゆっくりでも流れる限り腐りはしません
私が諦めない限り夢は続く、そう信じています。

なので、近日中には就職先が決まり次第、
営業日・営業時間の変更の告知もしくは最悪は閉店の告知をいたします。


決まるまでは今まで通りの通常営業をいたしてますのでご自愛のほど
よろしくお願いいたしますね。

ユリコタイガーさんに会ってきました☆
閣下@最後の希望
2017年03月13日 05:33



ナムコ博多での鉄拳の大会にユリコタイガーさんが来ていたので
逢いに言ってきました。
写真やTV映像で見るより実物はもっと美人さんでした。‬
‪イタリアから遠路遥々福岡の地へようこそ(*^ω^*)‬
ユリコタイガーさんはコスプレイヤーである事を売りにしたアイドルさんですね
まだまだ、マイナーですが日本のアニメや漫画やゲームが大好きと言うのは伝わります。
大好きだから日本に来て日本で仕事したい日本に住みたいと思ってる訳ですしね。

日本のアニメが好きで
幼少の頃は変わり者だと虐められたこともあったそうです。
夢の実現の為こんな異国の地まで来て
日本語の勉強にダンスのレッスンや
予想だけど決して多く無い給金で心が折れずに頑張ってる。
きっとホームシックになった時もあれば
言葉の壁に思いが伝えられなかったり寂しい思いもした事でしょう。

好きな物があって想いを形にして行くのが
我々ファン人であれば同好の志であり
似た様な過去と同じ様な想いがある同好の志は
例え血が繋がってなくても
例え産まれた国が違えど家族です・:*+.\(( °ω° ))/.:+
理屈じゃ無く魂で解るソウルファミリーなのです。
家族なら頑張ってる仲間を応援するのは当たり前の事!
一言、応援してます!と伝えられて嬉しかったです。(*^ω^*)
その応援していますの一言に
私達の仲間は世界中に居て遥か異国の地に居ても「貴女は一人では無いんですよ」
と言う思いが伝わってくれたのならば幸いです。






2/5ドームチケット
閣下@最後の希望
2017年02月01日 12:28
この日記はフレンドにのみ公開されています。
新しい日記順で 1件〜10件を表示次を表示 >>
マイニュース
・香港デモ隊の拠点 緊張高まる
・母親がハンセン病 息子の訴え
・2歳男児にスタンガン 男逮捕
・ヨネックス創業 米山稔氏死去
・競泳孫楊 ドーピング違反否定
・販売不振 オデッセイの敗因は
・結論ありきの大嘗祭 批判の声
・ノンスタイル井上 デート報道
・東京ゲームショウコスプレレポ
・コスプレサミット日本代表チーム決定!
・ごみを拾って無料コスイベ