会員登録ログインメンバー検索
<<  2020年07月    
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
       
【レビュー】マリオシリーズ
2020年上半期総決算
久しぶりのコス歴精算!
コードギアス着納め祭り!
2019年総決算
過去の日記へ
Re:2020年上半期総決算
カタマリ王妃@SOTTR (7/12 8:10)
Re:2020年上半期総決算
メグちゃん@ひっそり活 (7/12 0:50)
Re:2020年上半期総決算
カタマリ王妃@SOTTR (7/8 0:11)
Re:2020年上半期総決算
めい☃ (7/7 22:08)
Re:久しぶりのコス歴精算!
カタマリ王妃@SOTTR (6/27 22:41)
一覧を見る
新しい日記順で 1件〜10件を表示次を表示 >>
【レビュー】マリオシリーズらしい明るく楽しいアクションゲーム
カタマリ王妃@SOTTR
2020年07月11日 13:34
レビュー スーパープリンセスピーチ ゲーム
この日記はフレンドと被お気に入り登録メンバーにのみ公開されています。
2020年上半期総決算
カタマリ王妃@SOTTR
2020年06月29日 19:28
バトン 総決算
この日記はフレンドと被お気に入り登録メンバーにのみ公開されています。
久しぶりのコス歴精算!
カタマリ王妃@SOTTR
2020年06月25日 19:26
この日記はフレンドと被お気に入り登録メンバーにのみ公開されています。
コードギアス着納め祭り!
カタマリ王妃@SOTTR
2020年03月30日 22:26
コードギアス コスプレ 引退
この日記はフレンドと被お気に入り登録メンバーにのみ公開されています。
2019年総決算
カタマリ王妃@SOTTR
2019年12月28日 18:36
この日記はフレンドと被お気に入り登録メンバーにのみ公開されています。
【レビュー】オッサンと冒険するトゥームレイダー
カタマリ王妃@SOTTR
2019年11月20日 01:25
ゲーム アンチャーテッド
久しぶりに違うゲームをクリアしたのでレビュー日記を。
今回のゲームは「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」です。



シャドウオブザトゥームレイダーとよく比べられるゲーム。
そしてシャドウより評価が高いゲームということで今年4月ごろに購入しました。

正直、主人公の見た目の面では圧倒的にララちゃんの勝ちだったので買う前からキャラデザ目当てではありませんでした。
シャドウは戦闘少ないし、きっとレビューの高いこのゲームは戦闘が楽しいだろう!と期待して買ったのです。


●戦闘のボリューム満点…なのだが
たしかにシャドウと比べると圧倒的に戦闘の量が多く、敵も多く、種類も多く、隠れる所が壊れていったりとボリュームは満点である。
…しかし、こちらが取れるアクションが少ない。とくにステルス関連が全然楽しくない!
茂みに隠れることはできるのだが見つからないようにこっそり攻撃できるのは近寄ってきた敵だけ。遠くの敵にはダイナマイトやグレネードを投げると倒せるのだが、音が出るので見つかってはいないものの警戒態勢に入ってしまう。そして、茂みに敵をおびき寄せる方法もなし。崖の端に掴まって谷底に突き落としたりもできるが、敵を手玉に取ってこちらの思惑通りに動かすというあのシャドウの楽しみが全くなかったのである。

シャドウの戦闘の楽しみが主にステルスキルだったこともあり、この仕様にはかなりがっかり。
それでいて、最高難易度のプロを選択するとステルスしないと即死クラスの猛攻が待っている。
これなら最初から乱戦のみのゲームにしておいたほうがバランス良かったのでは?と思ってしまった。

じゃあ乱戦はどのぐらい楽しいかというと、落ちている銃の詳細がわからない不親切設計。
シャドウと違って武器を強化する機能が無く、倒した敵が落としていった銃や弾を拾って使うのだが、落ちている武器の名称しか表示されないのでそれがどんな武器なのか使ってみるまで分からない。
一応グラフィックは出てくるものの、小さいので銃に詳しくなければそれがスコープ付きライフルなのかショットガンなのかすら分からない。
残弾数に至っては入手するまで完全不明。プロは弾切れがやばく、威力よりも残弾数を重視してヘッドショットを決めていかないとやばい難易度、しかも取得した場所によっては前に使っていた武器を崖下に落としてしまうので、「新しい武器を取ってみたけど残弾数が少ないのでやっぱりいらない」ができない場所があるのだ。



●世界は広いが自由度は薄い
シャドウと決定的に違うのが、一度クリアした場所には戻ってこれないということ。
エリアそのものは広く、マップの端はどこなんだ??と思わせる作りなのだが、取り逃した宝は2周目しないと取れない。もう一度見たい景色も2周目しないと見れないし、使ったギミックのその後も見れない。
これを、自由度の高い広い世界と受け取るか、自由度の低い狭い世界と取るかはプレイヤー次第。



●肝心のお宝は?
主人公はトレジャーハンター、古代のメモを集めたり、気になるロケーションを手帳に記したり、落ちている宝は全部で100種類以上とやりこみ要素やコレクション要素はかなり多数あるものの、肝心の「宝」そのものの印象が薄い。
シャドウは全ての宝に説明がついていてしかも音読してくれるのに対し、このゲームはグラフィックが唐突に登場するだけでどのようなものなのか解説してくれない。
手に入れた宝をじっくり眺めてさらなる秘密を見つけるといったTR2013の頃からあった要素も無く、もはや手に入れたのが「宝」である必要性がない。
「チェックポイントを回りました」でも成り立ってしまうほど宝に印象がないのだ。
古代のメモ(シャドウでいうところの文献)の方が歴史のストーリーを楽しめる印象。
これにより、宝を探すのが「作業ゲー」になってしまっている感じ。



●グラフィックは申し分なし
シャドウより2年も前のゲームなのに、シャドウよりすごいのでは?と思わせるグラフィック。
車で移動する場面が多々あり、世界が広い。
濡れた服の質感などもシャドウより優っている気がする。
アプデするとフォトモードが開放されるため、写真撮影を楽しみたいプレイヤーにはこの上ない世界が広がっている。
(※アプデ容量が重すぎて初期版しかしていないので詳しいフォトモードに関するレビューは無し)




●登場キャラクターがことごとくオッサン
主人公ネイト。ゲーム開始時は少年時代からはじまる。
少年時代はすぐ終わり、(後にもう一度出てくるが)青年時代がちょこっと。
そして本編開始時は30代と思われるオッサンである。


相方は主人公のお兄ちゃん。サム。10は離れてるんじゃね?っていうぐらいオッサン。タバコ大好き。生え際若干後退気味。


友人はさらに年上じゃね?と思われるオッサン。サリー。千葉繁。


他にも、ラスボス(小悪党系)刑務所所長(薄毛)、脱獄犯(西村知道)などいろんなタイプのオッサンが勢ぞろい。
この中で「おじさま」に昇格できるのはサリーじゃないか?という印象。

ようやく登場した女性キャラはというとネイトの奥さん。おっぱいも大きく顔も美人で申し分ないが人妻である。
しかもエピローグでは子持ちに昇格。
作中は二人で車に乗ったり洞窟でイチャイチャしたりとかなりのリア充っぷりを見せつけられ…。



どう考えてもララちゃんの方が良いに決まってんだろ……
終始泥まみれのオッサンを眺めているゲーム、それがアンチャーテッド……


●ストーリーは壮大…なのだが
パナマの刑務所からはじまり、マダガスカルの海まで世界各地を大冒険。
大事な仲間の危機に主人公がどう立ち向かうか!という葛藤なども書かれているものの、あちこちで皮肉めいた軽口を叩きすぎて時折不快な領域に入る。

大ピンチに陥ると、きまって「最高」などと口にするのだが、同じところで2時間死にまくっているプレイヤーが耳にするセリフなのだ。
リスタートポイントからいきなりの「最高」、敵に発見されて「最高」と、プレイヤーが苦戦している局面でことごとくコレを聞かされる。
そんなに最高ならお前もうちょっと撃たれ強くなれよ!!!!とどれだけイラついたことか。

難易度プロの難しさと相まって完全なストレスゲーと化してしまった。
事前のレビューを読んでいただけに、「いつ面白くなるんや!!!!」と思っているうちに終わってしまった。それ以降はトロフィーを取るための作業ゲーに…。



●総合
【おすすめする層】
・おっさんが好きな人
・グラフィックを楽しみたい人
・難しい銃撃戦がやりたい人

【やめといた方がいい層】
・ステルスがしたい人
・リア充無理な人


10点満点中2点

「シャドウより面白い」という世間のレビューを見ていなかったり、シャドウ自体をやっていなかったら9点になっていた予感。
事前の情報により過度な期待を持つとこういうことになるんだな、と。
「期待していた楽しみが得られなかった」は「つまらない」に直結する。
そういう意味ではシャドウはレビューが低かったことによりあんなにも神ゲーになってしまった可能性も…否めない…。

2年生になりました
カタマリ王妃@SOTTR
2019年11月04日 01:37
TOMB RAIDER
この日記はフレンドと被お気に入り登録メンバーにのみ公開されています。
600からのコス歴
カタマリ王妃@SOTTR
2019年10月30日 21:21
この日記はフレンドと被お気に入り登録メンバーにのみ公開されています。
シャドウオブザトゥームレイダー 45周目低クリア率研究
カタマリ王妃@SOTTR
2019年09月25日 21:58
ゲーム シャドウオブザトゥームレイダー
今年に入ってからシャドウオブザトゥームレイダーしかしていません。

45周目の縛りプレイ【いかに低クリア率で終えるか】についての研究レポ。


●埋蔵品は一切取らない
●泥サーフィンと浅瀬サーフィンを多用して可能な限りショートカットする
基本はこの2つ。


【分析@】クリア率はエリアごとに決まっている

ペルーのジャングル到着時に7%
ジャガーの試練突入で14%
パイティティ到着で17%
セノーテ到着で21%
セノーテ期間時のオーバーハングエリア到達で25%
油田突入で28%
教会入りして35%
パイティティに帰ってきて42%
ヘビの都市で46%
最終クリアで50%

注目すべきはポルベニール油田で、今回油田ではショートカットを一切行わず普通にプレイしたが、クリア率が上がったのは教会到着時だった。
軒並み7%ずつ上がっていることを考えても、エリアクリア時に上がると考えて間違いなさそう。

また、あちこちで大量のショートカットをしたにも関わらずきっちり終了時に50%になったことを考えても、エリア終了時に%が上がるのでエリア内でイベントやムービーを見たかどうかのチェックは入っていないと考えられる。


そのエリアでABCDEのイベントが発生し、一つにつき1%上昇して合計5%上昇する、という仕組みではなく、Eが終了した時点で5%上昇する、という計算だ。



【分析A】本来は通過すべきイベントを通過せずに進めるのか。そしてそれを行った場合、普通のプレイでは出せないような面白い現象は起きるのかどうか。

必ず通過する場面を、いかにスルーできるか試してみた。

●コスメル:台車を落とさず、足場の屋根を超えてジャンプ
 →台車が取り残され、クリア後に戻ってくることで台車を谷底に落とせる

●ペルーのジャングル:ピッケル入手後に浅瀬サーフィンでクワクヤクへ
 →イーグルアイ習得できず
 →イーグルアイ2〜3、サーペントスケイル1〜3、ジャガーハート1〜3のスキルのアイコンに鍵がかかったまま
 →幼少のドキュメント、チャレンジが開かない
 →ジャガー衣装上下手に入らず
 →ヴィカーMK2、AB45手に入らず
 →サーペントスキン習得できず
 →ゲームクリアまでハンドガン使えず
 →セノーテ帰還までファストトラベル使えず
 →全体マップで飛行機の残骸からジャガーの縄張りあたりまでの靄が晴れない

 →ペルーのジャングルが未クリアと見なされ、最初のキャンプに飛ぶと最初の状況になる。武器が弓だけになり、クワクヤクに続く崖が登れない。ジャガーの住処側から迂回して行くことになるが、飛行機の残骸でジョナが待機しており見なかったイベントをあとから見ることで手に入らなかったものが全部あとから手に入る。幼少期までの間は本来と違う色合いになる。クワクヤク到着ムービーが流れずジョナがずっと後ろを着いてくる。なおクワクヤク直前の戦闘では斜面に板が設置されていて、ジョナを戦場に放置して戻ることが可能。

●クワクヤク:到着後すぐに泥サーフィンでピラニア池側へ
 →イーグルクロー習得できず
 →生の神殿の写真入手できず 
 →全体マップの水中〜生の神殿入口あたりまでのエリアの靄が晴れない
 
 →生の神殿のキャンプにトラベルすると丸い扉の裏側から撮影できる


●パイティティ:廃村到着後に浅瀬サーフィンで町の中に入る
 →アオサギのチュニック入手できず
 →教団の写真入手できず

●ヘビの腹、頭:パイティティ到着後すぐに泥サーフィンで山の神殿へ
 →アマルの写真入手できず
 →ウヌラトゥの写真入手できず
 →全体マップでヘビの腹と頭が出ない

●山の神殿:ショートカットなし

●セノーテ:ショートカットなし

●上層部:セノーテ帰還後に泥サーフィンで上層部に行っていきなり墓所へ向かった
 →偶発バグか?期間時の武器収納ムービーがでなくて、アオサギのチュニックに着替えなかった
 →ヘビの守護者入手できず
 →壁画の写真入手できず
 →ジョナとウチュがパイティティからいなくなった(サンフアン教会クリア後に復帰した)

●ポルベニール油田:ショートカットなし

●サンフアン教会:到着後すぐ浅瀬サーフィンでサトウキビ畑に行った
 →ロペスの写真入手できず
 →箱の写真入手できず
 →パイティティで着れない衣装を着ていたため帰還時にアオサギのチュニックを入手した

●最終決戦:ショートカットなし
 →エンディングでクロフト邸の書斎が映った際にパパの声が聞こえてきてフリーズした(おそらく本編でクロフト邸をやらなかった所為でここでイベントが流れ出してしまった)リセットで復帰できた


…というトンでもない波乱のプレイであった…
今回の研究結果を元にして、更なる研究を重ねていきたい。
研究すればするほど、本来のプレイでは出せない衣装と背景の組み合わせが撮影できるので「いい写真を撮るにはまず被写体を研究すること」っていう写真の根底がこれに当たってだな………全然現実で撮影してないや……

12月からのあゆみ
カタマリ王妃@SOTTR
2019年06月30日 23:01
この日記はフレンドと被お気に入り登録メンバーにのみ公開されています。
新しい日記順で 1件〜10件を表示次を表示 >>
マイニュース
・西日本や東日本 大雨に警戒を
・ダウンタウン 10年ぶりCM共演
・市感染対策 まさかのドラクエ
・感染拡大 球界に不安と戸惑い
・応援職員が感染「二重の打撃」
・再び緊急宣言 政府なぜ消極的
・舞台クラスター 濃厚接触850人
・GoToで感染なら人災 市長憂慮
・ネット超会議意識調査を発表
・C97コスプレを動画で紹介
・2019年10大ニュースが決定