会員登録ログインメンバー検索
トップページ > レビュー > studio orion
▼新規レビュー登録
▼人気レビュワー
▼人気イベント会場
 地域: 
▼人気スタジオ
 地域: 
studio orion 静岡
所在地 静岡県藤枝市駅前1-6-28 B1  →地図を表示
4点 / 総評価数1件
交通・JR「藤枝駅」北口より徒歩1分

行きつけ登録者:(26)
杏菜@ルビィちゃん推しみどりあさとかるは@ついったゆままハイノアズ空風聲韻 他
2 / 2  

しげ坊@Twitter常駐

土曜休日はお得感も、寒さ暑さ対策必要
先日、藤枝市の「studio Orion(スタジオ オリオン)」さんへ地元のフレンド様との個撮で行ってきました。
アーカイブではレビューの投稿がまだ無かったので、こちらで気づいた点などを述べたいと思います。
スタジオのWebサイトと重なる点が多々ありますが、ご容赦下さいませ ^^;

●アクセス
JR藤枝駅の北口からすぐなので、初めての方や遠征の方でもアクセスしやすいです。
具体的には、北口広場の向かいにある静岡銀行の前の横断歩道を渡って右へ進み、角を左へ曲がって少し進んだところにあるビルの地下です。
上には「坐和民」が入っているのに加えて入口には立て看板があるので、すぐに判るかと思います。

駐車場は無いため、周辺のコインパーキングを利用することになります。
入口はスロープなので、カートでもスムーズに入れます。

●システム
通常のシェア営業では、営業時間(10時から24時まで)の範囲で自由に時間帯を決めて予約できます。
料金は平日、土日祝日とも1時間当たり500円で、予約時に申告した時間分の料金を受付時に支払いますが、早く終わっても差額は払い戻しされないので注意が必要です。

6時間以上で予約すれば「おまけ」として1時間の枠が無料で付くので、撮影終了後の片付けやちょっと撮影を延ばすのに都合が良いかと思います(笑)

さらに有効期間無期限のスタンプカードがあって、スタンプが一定数貯まると一定時間が無料になる特典もあるので、特に土日祝日の利用ではお得感が高いと思います。

●ブース
各エリアの内容はWebサイトの通りなので重ねて述べませんが、各エリアとも壁で仕切られていないのと小道具類の移動が自由なので、作り込みをされたい向きには好都合です。

屋外のテラスと階段エリアはビルの裏手で、廃墟か白廃墟エリアのシャッターを開けると入れます。
テラスは雨よけとして透明の屋根がかかっているので、多少の雨でも大丈夫です。

元は店舗で天井が高くないため(2〜2.5m)、廃墟エリアを除いてアオリ撮影には向きません。
サイトには載っていませんが、白エリアの隣に天蓋ベッドがあります。
広さ的には、各エリアとも2〜3名一組が限度です。

酒場エリアを除いて水やスノー/スモークマシンも自由に使えますが、エリア毎に仕切りが無いので他のグループへの配慮が必要です。

電力容量の兼ね合いからかエアコンは無く、休憩スペースに石油ストーブがあるだけで、冬場は野外ほどではないものの冷え込みます。
コスプレイヤー、カメラマンとも、ある程度の防寒対策と適度の休憩が必要と思います。

2015年の秋に開業したばかりで夏場は未経験ですが、ビルの半地下という立地上、熱がこもりやすいので水分補給や適度の休憩など一定の暑さ対策が必要と考えます。

●サービス
利用当時は受付のスタッフ(兼管理人?)が男性の方でしたが、話しかけにくいということは特になく、判らない点も気軽に教えて下さいました。

更衣室は女性用が受付の裏にありますが、男性用は常設されていないため予約時に申し出て仮設テントで着替えるようです。

全体の面積が狭いため待ち合わせや休憩専用のスペースは無く、通路などに適宜椅子を置いて座ることになります(汗)
使わない機材や荷物は邪魔にならないように、所定の置き場へまとめておきたいものです。

備品も充実していて各エリアに定常光が常備されているほか、三脚やストロボスタンド、レフ板、ソフトボックス、スモークマシンが無料、別料金でラジオスレーブ付きのスピードライト、モノブロックストロボやスノーマシンが借りられるので、無理に大きな荷物を持参する必要がありません(笑)
サイトには書いてありませんが、ブロジェクターもあります。

1グループ1回に限り希望のブースを指定の時間帯で予約できるので(90分、店内に予約ボードあり)、ここぞというところで使うこともできます。

●その他
藤枝駅の北口にドトールコーヒーがあるほか、周辺にも飲食店が豊富にあるのでアフターには困らないかと思います。

撮影ブースの環境はややハードですが、毎日営業と駅近くという利便性の高さに加えて、作りこみの自由度や料金、サービス面でのお得感も高いので、静岡県内はもとより近県のレイヤー様、カメラマン様にも満足できるのではないかと思います。

 62016年1月27日 23:16
2 / 2