会員登録ログインメンバー検索
トップページ > レビュー > ラグーナテンボス(旧ラグーナ蒲郡ラグナシア)
▼新規レビュー登録
▼人気レビュワー
▼人気イベント会場
 地域: 
▼人気スタジオ
 地域: 
 ラグーナテンボス(旧ラグーナ蒲郡ラグナシア) 愛知
所在地 愛知県蒲郡市海陽町2丁目3番地  →地図を表示
4.2点 / 総評価数9件
交通【名古屋方面から】
東名高速道路 「音羽蒲郡IC」よりオレンジロード・247号中央バイパスを経由し直進。約20分
【静岡方面から】
東名高速道路 「豊川IC」より、国道151号線を経由し、以降道路標識に順じて。約35分(約17km)
行きつけ登録者:(352)
銀子(*´・×・)芽衣桜来なご@カトケンFC東海支部みあり@2月…ライブ…kakeru遠野きなさ龍牙聖@鳥カゴのハート 他
1 / 9  

花田華太郎☆☆

ラグコスについて。
台風で延期されたラグコス2018に参加しました。

初参加だったのですが、酷暑の7月開催じゃなくて快適でした。
コスサミのまるでサウナのような生き地獄感がほとんどありませんでした。

台風で延期された為か、イレギュラーと感じることが多々ありました。
当方、7月開催分のフル参加前売り券(6/2発券チケットをTwitterで取引し入手)を使用しました。
受付で青いWCS2018ステッカー(更衣室の優先権と22:00〜5:00までパイレーツブラストを利用できる通行証)を渡されました。
横目で他の人を見ていると、コスサミで販売されたオフィシャルタオル(コスサミで購入すると¥1,200)を渡される人がたまにいました。
タオルを受け取った人に聞いていないのですが、延期分のチケットを購入した人の特典だったかもしれません。
7月開催分は前売り券の購入日が6/1〜7/20と7/21〜7/27で値段が違いましたが、延期分は購入日不問で一律料金でした。
値段的に7月開催分のチケットのほうが格安感があるので、差別感の補填的な意味でタオルが付けられたのかもしれません。
個人的な主観ですが、トータルで見ると延期分の前売り券を購入した人が一番お買い得でした。

昼の部は野良で参加するレイヤーさん・撮影者が多数いました。
夜の部は専属撮影者を携えたレイヤーさんの割合が高く、野良参加の撮影者はアウェー感が強烈でした。

フラワーガーデンは昼は明るいのですが、夜はカメラのストロボ一灯では撮影になりません。
かと言ってソフトボックスなどを機材を用意しても、規約で混雑時は利用を控えるよう明記されています。
それらの両立が難しい場所です。

パイレーツブラストはトロッコの通路の横でしか撮影できませんでした。
風通しの悪い屋内で撮影場所は人がすれ違えないほど狭く、50mm以上のレンズは全てゴミと称していいほどの狭苦しかったです。
まともに撮影できる場所ではありません。

ナイトプールが結構荒れてました。
出入り口でスタッフさんが口頭で説明がありました。
http://www.worldcosplaysummit.jp/2018/files/%E5%8F%82%E5%8A%A0%E8%A6%8F%E7%B4%84_%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%99%E3%82%B3%E3%82%B92018.pdf
この規約内のことをそのまま説明していましたが、盲点をついてやりたい放題の人が数名いました。
レフ版を持ってひざ下まで入水するレイヤーさんや、被写体のレイヤーさんに向かってプールの水をかけたり飛ばすレイヤーさんなど。
上記のことも禁止されているようで、スタッフさんに注意されてました。
ナイトプール専属で巡回しているスタッフさんが多数いらっしゃいましたが、スタッフさんが遠くから大声で呼びかけていました。
規約にそれらしい記述がありませんが、衣装が水に浸かることが禁止だったようで、ひざ下入水でもそういうレイヤーさんには入水しないように声掛けをしていました。
ナイトプールで隣にいた見ず知らずの撮影者が使っていたソフトボックスが倒れてきて自分の顔面に直撃しました。
クリップオンストロボの足の部分がむき出しになっていて、そこが左眉の上にぶつかったのに、その撮影者と同伴レイヤーさんは謝罪の言葉を述べるでもなく倒れたソフトボックスが壊れてないか心配していました。
この対応には本当に呆れました。
入水できるところは足元が斜めになっています。
そこに三脚でソフトボックスを立てるなら倒れないよう予め対策をすると思うのですが、ほとんどの人が平地の上で三脚を使う感覚で転倒対策は一切してませんでした。
仮に「ケガをさせなければ何をしてもいい」という理屈が成立するなら、「人が死ななければ包丁でめった刺しにしていい」という理屈も成立します。
機材が壊れないか心配するならラグコスの参加は最初から見送るべきですし、ケガをさせた人間を思いやれないなら誰とも協調しない己のルールが国際基準と言える環境で撮影するべきです。
夜の参加者は癖の強いどうかした人がたくさん紛れ込んでいました。
これが7月の殺人的な猛暑の中だったら、殴り合いのトラブルが数件勃発してもおかしくないレベルです。

来年以降は夜の参加を慎重に検討しようと感じました。
 52018年9月18日 12:18
1 / 9